振り込め詐欺対策、ATM前でのケータイ禁止「効果的」わずか3割〜意識調査 | RBB TODAY

振り込め詐欺対策、ATM前でのケータイ禁止「効果的」わずか3割〜意識調査

 「振り込め詐欺」の対策として、全国の銀行でATM前でのケータイ使用が原則禁止になった。アイシェアでは、この取り組みについての意識調査を実施した。

エンタメ その他
意識調査:ATM前での携帯利用禁止に賛成は6割
  • 意識調査:ATM前での携帯利用禁止に賛成は6割
 「振り込め詐欺」でケータイを使って入金を誘導する手口が増えていることを受け、全国の銀行でATM前でのケータイ使用が原則禁止になった。この取り組みをケータイユーザーはどのように評価しているのだろうか?

 ブロガー向け情報サイト・ブロッチなどネットマーケティングを展開するアイシェアは、この取り組みについての意識調査を実施した。調査期間は8月1日〜4日。312名の有効回答を得た。

 今回の取り組みについて「大いに賛成」と回答した人は全体の39.4%。「やや賛成」の19.2%と合わせると6割の人が今回の取り組みに賛成している。「やや反対」「大いに反対」と回答した反対派も1割強いた。次に「ATM前のケータイ利用禁止は詐欺対策に効果的だと思うか」を尋ねたところ、「効果的」という回答はわずか3割にとどまった。「効果はない」と答えた人は16.7%。「どちらともいえない」という見方が半数を占めた。

 一方、「振り込め詐欺の対策として、何かあった場合の家族間の連絡方法を決めているか」という問いに対して「決めている」と答えた人は15.4%のみ。年代別にみると、20代は2.9%、30代は15.4%、40代は19.8%と年代が上がるほど対策を講じていることが分かった。犯罪の手口は年々巧妙化しており、今後もより効果的と思われる取り組みに期待したい。
《井藤祥子》

関連ニュース

特集

page top