テレビ通販最大手のコールセンターにIPテレフォニーシステムを納入——日本アバイア | RBB TODAY

テレビ通販最大手のコールセンターにIPテレフォニーシステムを納入——日本アバイア

 日本アバイアは23日、日本最大のショッピング専門チャンネル「ショップチャンネル」を運営するテレビ通販最大手ジュピターショップチャンネルに、IP-PBXソフトウェア「Avaya Communication Manager」をベースとしたIPテレフォニーシステムを納入したことを発表した。

エンタープライズ その他
東京、大阪間コールセンターのシステム図
  • 東京、大阪間コールセンターのシステム図
 日本アバイアは23日、日本最大のショッピング専門チャンネル「ショップチャンネル」を運営するテレビ通販最大手ジュピターショップチャンネルに、IP-PBXソフトウェア「Avaya Communication Manager」をベースとしたIPテレフォニーシステムを納入したことを発表した。

 今回採用されたシステムは東京・大阪両コールセンターのPBXを統合して東京センターに設置し、運用を一元管理することで効率化を図るものとなっている。同時に災害対策として大阪センターにバックアップPBX「ESS(Enterprise Survivable Server)」を設置し、冗長性を強化している。システムの提案・構築はアバイアのビジネスパートナーである都築電気が行った。

 ジュピターショップチャンネルでは、東京・大阪の両センターで合計約450席(オペレータ数660人)とホームエージェント(在宅勤務のオペレータ)約40名が、標準的な日で約5万件、多い日では10万件を上回るコールを24時間365日体制で処理しているという。これに対し、日本アバイアと都築電気は、1時間当たり最大30万コールの処理が可能な高性能メディアサーバ「Avaya S8710 Server」をメインPBXとして東京センターに設置し、同サーバーでコールを集中処理して東京・大阪の両センターに設置したメディアゲートウェイ「Avaya G650 Gateway」にコールを振り分けるシステムを提案、また冗長性強化に大阪センターへのバックアップPBX「ESS」の設置を提案し、今回の採用となった。

 ジュピターショップチャンネルは、1999年の東京センター開設時からアバイアのコールセンターシステムを採用しており、2006年に東京センターの移転に伴いPBXプラットフォームをデジタルPBXの「Avaya DEFINITY Server」から「Avaya Communication Manager」をベースとしたIPテレフォニーシステムに移行していた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top