OKI、土砂崩れの危険性を瞬時に検知する「斜面監視システム」を開発 3枚目の写真・画像 | RBB TODAY

OKI、土砂崩れの危険性を瞬時に検知する「斜面監視システム」を開発 3枚目の写真・画像

 沖電気工業(OKI)は18日、土砂災害の危険性がある斜面に傾斜センサーや土壌水分量センサーを設置し、斜面崩壊の危険をリアルタイムで通知する「斜面監視システム」を開発したことを発表した。12月1日から販売を開始する。

エンタープライズ その他

関連ニュース

斜面崩壊の大きな要因である土中の水分量をモニタリングする土壌水分量センサー。環境エネルギーから電力を創出するエナジーハーベスティング技術でシステムを長寿命化(画像はプレスリリースより)
斜面崩壊の大きな要因である土中の水分量をモニタリングする土壌水分量センサー。環境エネルギーから電力を創出するエナジーハーベスティング技術でシステムを長寿命化(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 最大2Gbpsを実現!ヤマハの新VPNルータ「RTX1210」の特徴とは(前編)

    最大2Gbpsを実現!ヤマハの新VPNルータ「RTX1210」の特徴とは(前編)

  2. 新型ネットワークカメラに見るシャープの「本気」

    新型ネットワークカメラに見るシャープの「本気」

  3. マピオン、地図情報へのアクセス解析ツール「loghouse」開発

    マピオン、地図情報へのアクセス解析ツール「loghouse」開発

  4. NTTデータ ビズインテグラル、SaaS/クラウド対応型業務アプリ「Biz∫」を発表 〜 日本初のSOA+BPMベース

  5. 日立、ボリューム容量仮想化機能を標準搭載したディスクアレイ「AMS2010」を発表

  6. 【インタビュー】マンションタイプ登場で一気に普及図る「NURO 光」!

  7. ニフティ、スマホアプリ開発クラウドサービス「ニフティクラウドmobile backend」提供開始

  8. NEC、省電力性能世界1位の新スリムサーバ「Express5800/GT110f-S」などを発売

  9. 日立ソフト、世界初の3人同時書き込みを実現した電子黒板を発表 〜 学校ICT環境整備事業に対応

  10. 最新Gumblar、Windows「ヘルプとサポートセンター」の脆弱性を利用 ~JPCERTが注意喚起

アクセスランキングをもっと見る

page top