IoT市場向けに920MHz帯無線製品の販売パートナー契約……PALTEKとOKI | RBB TODAY

IoT市場向けに920MHz帯無線製品の販売パートナー契約……PALTEKとOKI

エンタープライズ その他

「SmartHop」の無線マルチホップネットワークは、長距離や障害物がある場所でも最適な経路を中継して通信を確立することが可能。920MHz帯は屋外でも長距離通信が可能なため、防災無線や遭難防止用のタグなどでも活用されている(画像はプレスリリースより)
  • 「SmartHop」の無線マルチホップネットワークは、長距離や障害物がある場所でも最適な経路を中継して通信を確立することが可能。920MHz帯は屋外でも長距離通信が可能なため、防災無線や遭難防止用のタグなどでも活用されている(画像はプレスリリースより)
  • IoT市場における920MHz帯マルチホップ無線の位置づけ。IoTに欠かせない各種センサー機器とM2Mゲートウェイをつなぐ伝達手段として重要な役割を果たす(画像はプレスリリースより)
 PALTEKは4日、IoT市場向け920MHz帯無線通信製品に関する販売パートナー契約を、沖電気工業(OKI)との間に締結したことを発表した。OKIの920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop」を取り扱い、IoT市場向けのソリューションを拡充していく。

 920MHz帯無線は低消費電力で長距離到達、親機1台に対して多数の子機を接続できるマルチホップ接続が可能、それでいて免許不要といったメリットがあり、各種センサーやネットワークなどIoT機器への導入が注目されている。

 OKIの920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop」は、親機1台に対して子機100台のマルチホップ接続を可能としており、IoT機器ベンダーが導入コストを大幅に低減することができる製品。

 マルチホップ無線ユニットと無線通信モジュールがカスタマイズモデルも含めて提供されており、工場内設備や交通インフラ、災害対策システムやエネルギー関連など、幅広い分野での適用が想定されている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top