【画像】世界初の48層積層プロセスを用いた3次元フラッシュメモリを東芝が開発 (1/1)| RBB TODAY

世界初の48層積層プロセスを用いた3次元フラッシュメモリを東芝が開発 1枚目の写真・画像

エンタープライズ セキュリティ

関連ニュース

BiCSはこれまでよりも密度を高めた48層積層プロセスを採用。東芝とサンディスクが共同で運営する四日市工場にて、2016年から量産・出荷の予定(画像は同社リリースより)。
BiCSはこれまでよりも密度を高めた48層積層プロセスを採用。東芝とサンディスクが共同で運営する四日市工場にて、2016年から量産・出荷の予定(画像は同社リリースより)。

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  2. KDDI、テレビ通販でauスマホを販売……ショップチャンネルに初登場

    KDDI、テレビ通販でauスマホを販売……ショップチャンネルに初登場

  3. 小2対象の学力テスト、日能研各校で国語・算数を12/2に実施

    小2対象の学力テスト、日能研各校で国語・算数を12/2に実施

  4. 乳酸菌飲料「BF-1」がリニューアル、コンビニなどの店頭へ販路拡大

  5. 【大学受験2013】国公立大2次(後期)の受験状況、欠席率54.0%

  6. ソフトバンクT、社内システムとしても使用のジョブ管理ソフト「LoadStar Scheduler」発売

  7. 「遠隔操作ソフトのインストールは、訪問者を家に招き入れる行為」、IPAが注意喚起

  8. 3Dプリンターを使った「未来の造形物」、MITメディアラボの教授が制作

  9. 次世代モビリティ市場、立ち乗り二輪が2030年に55倍に

  10. CDショップのWAVEが破産

アクセスランキングをもっと見る

page top