【画像】世界初の48層積層プロセスを用いた3次元フラッシュメモリを東芝が開発 (1/1)| RBB TODAY

世界初の48層積層プロセスを用いた3次元フラッシュメモリを東芝が開発 1枚目の写真・画像

エンタープライズ セキュリティ

関連ニュース

BiCSはこれまでよりも密度を高めた48層積層プロセスを採用。東芝とサンディスクが共同で運営する四日市工場にて、2016年から量産・出荷の予定(画像は同社リリースより)。
BiCSはこれまでよりも密度を高めた48層積層プロセスを採用。東芝とサンディスクが共同で運営する四日市工場にて、2016年から量産・出荷の予定(画像は同社リリースより)。

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

    【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

  2. 【Tech・Ed Vol.5】OneNoteで実現した業務改革(前編)

    【Tech・Ed Vol.5】OneNoteで実現した業務改革(前編)

  3. 【Tech・Ed Vol.6】OneNoteで実現した業務改革(後編)

    【Tech・Ed Vol.6】OneNoteで実現した業務改革(後編)

  4. 【マイナンバーQ&A】マイナンバーカードの再発行はできる?写真はずっと同じ?<個人編>

  5. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  6. 企業広報が注目しているPR手法、ソーシャル拡散と動画が2トップ

  7. 高度な映像監視を実現する防爆仕様のネットワークカメラ

  8. グーグル、建物の構内図が見られる「インドアGoogleマップ」公開……都内駅、デパートなど100施設以上

  9. トヨタ下請企業の6割が増収

  10. 東芝、ラゾーナ川崎「kakimoto arms」店舗でバーチャル試着に関する実験を開始

アクセスランキングをもっと見る

page top