小型イメージセンサでも鮮明な画像を撮影……東芝が「無限高画質」技術を開発 | RBB TODAY

小型イメージセンサでも鮮明な画像を撮影……東芝が「無限高画質」技術を開発

ブロードバンド テクノロジー

従来画質と「無限高画質」の比較
  • 従来画質と「無限高画質」の比較
  • 「無限高画質」の処理の流れ
 東芝は、小型イメージセンサでも大型センサ並みの画像を実現できる「無限高画質」技術を開発したことを発表した。連続する複数枚の撮影画像を処理することで、スマートフォンや車載カメラに搭載されるような小型カメラでも、高画質が撮影できるという。

 イメージセンサのサイズが小さく画素数が多いと、感度が低下しノイズが発生しやすくなる。一方で、露光時間を長くすると、手ブレが発生してしまう。電子式手ブレ補正技術もあるが、撮影画像の保持用に複数メモリが必要になるなど、小型イメージセンサでの高画質画像は困難とされていた。

 今回東芝が開発した「無限高画質」技術は、小型イメージセンサでも、鮮明な画像を取得できる技術だ。多数の画像を連続撮影し、動き検出技術で手ブレ補正しながら、画像を順次合成する。これにより、膨大なメモリを必要とせずに、鮮明な画像の生成を実現した。同社は今後、スマートフォン、タブレット、車載、監視、内視鏡などの各種カメラ撮像での実用化に向けて研究開発を進める方針だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top