東芝が世界最小となる4Kビデオカメラ「IK-4KH」を発表 | RBB TODAY

東芝が世界最小となる4Kビデオカメラ「IK-4KH」を発表

IT・デジタル 周辺機器

比較対象のコインを見て分かるように、4K対応ながらカメラヘッド部分は非常に小さい。
  • 比較対象のコインを見て分かるように、4K対応ながらカメラヘッド部分は非常に小さい。
 東芝は4K対応モデルの業務用ヘッド分離型超小型カメラシステム「IK-4KH」を発表した。カメラ部分は4Kビデオカメラとしては世界最小となる(同社調べ)。

 カメラヘッドの部分は32.6x41mmと非常に小さく、主に医療、検査、軍事、放送業界などでの使用を想定しているが、防犯用途での活用も期待できる。

 その他、主な仕様は以下のとおり。
Cマウントシステム
1/2.9型のイメージセンサー
感度F5.6(2000lx)
水平解像度1600TV以上
SN比58dB
フジノン製オプションレンズ(焦点距離4mm)
出力解像度 3840x2160ピクセル(4K)
1080p/1080iでの運用も可能

価格はオープンで、米国では10月より出荷が開始されている。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top