富士通研、CPU間での大容量・高速通信を可能とする光インターコネクト用光源を開発 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通研、CPU間での大容量・高速通信を可能とする光インターコネクト用光源を開発 1枚目の写真・画像

 富士通研究所は16日、CPU間での大容量・高速通信を可能とする光によるインターコネクト(データ伝送)を実現するために必要となる、光送受信器用の小型シリコンフォトニクス光源を開発したことを発表した。

エンタープライズ ハードウェア

関連ニュース

大容量光インターコネクト技術
大容量光インターコネクト技術

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  2. NTTドコモ、メールアドレスのルールを変更 〜 ピリオド連続などが使用不可に

    NTTドコモ、メールアドレスのルールを変更 〜 ピリオド連続などが使用不可に

  3. 【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

    【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

  4. 通り抜けできる「空中ディスプレイ」がついに実現

  5. NTTデータ、オフィス環境をクラウドでトータルに提供する「BizXaaS Office」開始

  6. 【マイナンバーQ&A】アルバイト従業員のマイナンバー管理はどうすればいいのか?<法人編>

  7. 東芝、従来より10倍以上高速な「金属3Dプリンター」を試作

  8. 災害時の緊急避難場所で快適を提供する簡易式エアーマットが登場

  9. 横浜市、ソフトバンクTのデジタルサイネージサービスで観光情報配信

  10. 毎日新聞社と内田洋行、教育用コンテンツ配信サービスで協力

アクセスランキングをもっと見る

page top