こぼれいくら丼、うに貝焼き、漁師飯…が激旨!“日本最大級の魚食フェス”参加レポ! | RBB TODAY

こぼれいくら丼、うに貝焼き、漁師飯…が激旨!“日本最大級の魚食フェス”参加レポ!

ライフ グルメ
こぼれいくら丼、うに貝焼き、漁師飯…が激旨!“日本最大級の魚食フェス”参加レポ!
  • こぼれいくら丼、うに貝焼き、漁師飯…が激旨!“日本最大級の魚食フェス”参加レポ!
  • こぼれいくら丼、うに貝焼き、漁師飯…が激旨!“日本最大級の魚食フェス”参加レポ!
  • こぼれいくら丼、うに貝焼き、漁師飯…が激旨!“日本最大級の魚食フェス”参加レポ!
  • こぼれいくら丼、うに貝焼き、漁師飯…が激旨!“日本最大級の魚食フェス”参加レポ!
  • こぼれいくら丼、うに貝焼き、漁師飯…が激旨!“日本最大級の魚食フェス”参加レポ!
  • こぼれいくら丼、うに貝焼き、漁師飯…が激旨!“日本最大級の魚食フェス”参加レポ!
  • こぼれいくら丼、うに貝焼き、漁師飯…が激旨!“日本最大級の魚食フェス”参加レポ!
  • こぼれいくら丼、うに貝焼き、漁師飯…が激旨!“日本最大級の魚食フェス”参加レポ!
 日本最大級の魚食イベント「第7回 ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2021~全国魚市場&魚河岸まつり~」が19日より、東京千代田区・日比谷公園にて開催中だ。

「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」は、累計来場者数が約78万人に上る大人気イベント。


 「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」は、マグロ、サーモン、ウニ、カニなどの海鮮グルメや、産地でしか味わえない漁師飯が楽しめる食フェス。今年は、東日本大震災の復興応援を目的に、ノドグロやヒラメ、ほっき貝などの福島県産の魚介料理が楽しめる「発見!ふくしまお魚まつり」も、同時開催している。







 2019年に開催された「第5回ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」では、4日間で約17万人が来場する盛況ぶりだったが、今年はコロナ禍の影響により、2年ぶりに日比谷公園での開催となる。会場に人数制限を設け、入場時間から最大で2時間滞在できる入れ替え制で行われている。

ホタテ丼や海峡サーモン丼など、北海道産の美味しい海鮮丼がズラリ。


舌の上でとろける美味しさの「極上ウニ丼」(税込5,800円)。


「能登カキ」は今がまさに旬。濃厚でクリーミーな味わいだ。


大粒の能登カキが贅沢に入った「かき弁当」(税込600円)。


 今年は全24店舗が出店。器からあふれんばかりのいくらがのった「こぼれいくら丼」を販売する「こぼれいくら海越」や、能登産の「焼き牡蠣焼き」や「かき弁当」が人気の「木村功商店」、「うに貝焼き」や「のどぐろアラ汁」などの福島県いわき市の郷土料理が楽しめる「かに船」などのお店が並んでいる。

お酒にも合う「のどぐろ焼き」(税込700円~)と「ずわい天焼」(税込500円)。


直径1mの巨大鍋で作られたイカスミのパエリア。和洋折衷さまざまな料理が楽しめる。


新鮮なサンマのすり身にミソと薬味を合わせて焼いた漁師飯「サンマのポーポー焼き」。


 来場したからには、ぜひ食べてみたいのが、「こぼれいくら丼」(税込/ミニサイズ 1,800円、普通サイズ 2,600円)だ。店員さんが「いくらがこぼれま~す!」と言いながら、たっぷりとご飯の上にかけてくれるパフォーマンスも楽しい。プチプチと弾けるいくらをたっぷりと味わえるのは贅沢だが、丼一杯食べるとお腹にたまるため、色々なメニューを試したい人は、ミニサイズもおすすめだ。

しっかりと味が付いたイクラをこぼしてくれるため、醤油なしで食べられる。




 大行列のブース「かに船」の「うに貝焼き」(税込み800円)は、貝殻にウニを山盛りにして、蒸し焼きにした逸品。香ばしく焼かれたウニの風味と甘みがたまらない味わいだ。

ブースで蒸し焼きにして提供される「うに貝焼き」(税込み800円)。


中まで身がぎっしりと詰まっている。


 「浅草 とんとことん」のうなぎは、「浅草うなぎ串」(税込300円)と、お手頃価格でうなぎが楽しめる。うなぎのかば焼きと、ウニやカニが同時に楽しめる「浅草うにうな丼」(税込2,500円)や「浅草カニうな丼」(税込2,500円)などのレアなうな丼も注目商品だ。



「浅草 とんとことん」の「浅草うな丼 松」(税込3,000円)


 「浅草うな丼 松」(税込3,000円)は、かば焼き3枚が乗ったメガ盛りの丼。ふんわりと焼かれた肉厚のうなぎに、甘いタレをたっぷりとからめたパンチの効いた一杯だ。

こんなに肉厚なうなぎは、めったにお目にかかれない。


 マグロを提供する「豊洲かんぺい会」のブースでは、本マグロの解体ショーを毎日実施。さばいたばかりの超新鮮なマグロの大トロ、中トロ、赤身を乗せた「本マグロの大トロ入り三食丼」などもおすすめだ。



「マグロ解体ショー」のほか、マグロにまつわるクイズに正解すると、丼が一杯無料になる企画なども行っている。


魚介系の鍋やラーメン、あら汁などの体が温まるメニューも豊富だ。


 屋外イベントのため、魚介の鍋やあら汁などの体が温まるメニューも嬉しい。お酒も提供しており、熱燗や福島の地酒の飲み比べセットも好評だ。

酎ハイや焼酎など、料理に合うお酒も豊富に取り揃えられている。


 このほか、福島の海で育った魚を触れる「出張タッチプール」のブースが設置されたり、開会式にゆるキャラがやって来るなど、会場は活気に溢れていた。







 同イベントは、11月19日(金)~21日(日)の3日間 噴水広場~芝生広場~にれの木広場(東京都千代田)にて開催。20日、21日には、料理研究家のリュウジ氏による魚介レシピ紹介のステージイベントや、福島出身タレント・箭内夢菜によるトークショーも開催される予定だ。
《高永きょん》

関連ニュース

特集

page top