芸能人を虜にする「金兵衛」のロケ弁・人気5種、一般人ながら注文してみた! | RBB TODAY

芸能人を虜にする「金兵衛」のロケ弁・人気5種、一般人ながら注文してみた!

ライフ グルメ
芸能人を虜にする「金兵衛」のロケ弁・人気5種、一般人ながら注文してみた!
  • 芸能人を虜にする「金兵衛」のロケ弁・人気5種、一般人ながら注文してみた!
  • 芸能人を虜にする「金兵衛」のロケ弁・人気5種、一般人ながら注文してみた!
  • 芸能人を虜にする「金兵衛」のロケ弁・人気5種、一般人ながら注文してみた!
  • 芸能人を虜にする「金兵衛」のロケ弁・人気5種、一般人ながら注文してみた!
  • 芸能人を虜にする「金兵衛」のロケ弁・人気5種、一般人ながら注文してみた!
  • 芸能人を虜にする「金兵衛」のロケ弁・人気5種、一般人ながら注文してみた!
  • 芸能人を虜にする「金兵衛」のロケ弁・人気5種、一般人ながら注文してみた!
  • 芸能人を虜にする「金兵衛」のロケ弁・人気5種、一般人ながら注文してみた!
 ウエンツ瑛士やバナナマンなど数々の芸能人が、バラエティー番組やSNSで絶賛している「魚屋さんのお弁当 金兵衛」のロケ弁。

 TV番組などで、タレントが「めちゃくちゃ美味い」「金兵衛さんは別格!」などと絶賛しているのを見るたびに、一度は食べてみたいと思っていたが、東京23区なら1個から配達してもらえることを知り、さっそく注文してみた。

 「金兵衛」は平成2年設立、創業27年の弁当屋で、代々木上原に本店と分店があるほか、八重洲、日本橋にも店舗を展開している。もともとが魚屋だったことから、しっかり目利きして仕入れたおいしい魚を使って弁当を作っているとのこと。本サワラや銀ダラ、サーモン、紅鮭、銀むつ、鯖などの「魚弁当」(税込 918円~)を中心に、国産牛の生姜焼きやプルコギが入った「肉弁当」(税込 918円~)、エビやホタテの磯焼き、カニ爪などが入った「懐石弁当」(税込 1,836円~)なども販売している。

魚弁当を中心にロケ弁として人気だ。


5種類を注文。包装紙は色とりどりで、華やかな弁当だ。


 弁当はすべて手作りのため、一日に限られた数量しか作ることができないという。店舗は普段は行列ができているとのことだったので、宅配での購入を選択。東京23区の場合は、1個から配達が可能とのことだが、三鷹市や調布市、川崎区などは合計金額が8,500円(税抜き)、神奈川・千葉・埼玉などでは地域により、25,500円以上(税抜き)であれば配達をしてくれるようだ。

 電話注文をすると、東京23区内の我が家の地域では、配達できる日程が最短で9日後とのことだったが、一番人気という「銀だら西京漬け焼き弁当」1,296円(税込)や「本さわら西京漬け焼き弁当」(税込 918円)のほか、よく注文されているという「サーモンハラス甘塩焼き弁当」(税込 1,134円)、「銀(カラス)カレイ照り焼き弁当」(税込 1,134円)、そして肉系の「国産牛生姜焼き弁当」(税込 1,188円)の5種類を選び、楽しみに待つことに。


「銀だら西京漬け焼き弁当」(税込 1,296円)



一番人気の「銀だら西京漬け焼き弁当」1,296円(税込)


 当日は段ボール箱に入った弁当が届き、中を開けると色とりどりの包装紙に包まれた弁当がお目見え。どの弁当もおかず&ご飯に分かれた2段になっており、ずっしりと重みがある。いずれも賞味期限は、配達当日の16時までとのこと。

 まずは、不動の一番人気という「銀だら西京漬け焼き弁当」1,296円(税込)からチェック。この弁当の主役ともいえる「銀だらの西京漬け焼き」は、身が柔らかく、脂身が乗っている。やや甘みのある“王道の西京焼き”という味付けで、香ばしく焼かれているため、皮まで美味しく食べられた。

「銀だらの西京漬け」は、大きめの身に脂が乗っていて美味しい。


 魚以外のおかずは、彩り豊かな6種類。「おしんこ」と「卵焼き」以外は、日ごとに代わるというが、この日は「マカロニサラダ」と「枝豆とコーン」「明太子とシラタキの和え物」「ひじきの煮物」というラインナップだった。

「マカロニサラダ」と「おしんこ」


 テレビ番組でタレントさんが「このマカロニサラダを食べると『何だコレ!?』とびっくりするほどに美味い」と絶賛していたが、なるほど一口食べて「うまっ!」と、思わず言葉がこぼれてしまうほどの美味しさだ。コンビーフとマヨネーズに、ブラックペッパーがいいアクセントになっていて、無限に食べられる。このマカロニサラダが食べたくて弁当を買っている人もいるそうだが、共感しかない。

「マカロニサラダ」はやみつきになる美味しさだ。


 「明太子とシラタキの和え物」は、明太子が強めでピリ辛な味わい。「卵焼き」は、ふんわりした卵本来の甘味が出ていて、いい箸休めになる。「ひじきの煮物」はしっかりと出汁を吸っていて美味しいし、「枝豆とコーン」は醤油系の素朴な味だが、ご飯にバッチリと合う立派なおかずに仕上がっている点は、新しい発見だった。ぜひ自宅でもマネしたいところだ。

「明太子とシラタキの和え物」と「ひじきの煮物」


「卵焼き」と「枝豆とコーン」


 また、「金兵衛」はごはんにもこだわっていて、毎年、東北・北陸地方の米所で食味鑑定をし、「味」「つや」「ねばり」のバランスを考えて弁当用にブレンドしたオリジナル米を使っているとのこと。魚やおかずの味に負けない、ねばりがあり、ずっしりと食べ応えがあるご飯が、たっぷりと容器に詰められている。

「金兵衛」独自の配合でブレンドしたオリジナル米を使用。



「本さわら西京漬け焼き弁当」(税込 918円)



「本さわら西京漬け焼き弁当」(税込 918円)


 続いて、「本さわら西京漬け焼き弁当」(税込 918円)をチェック。基本的にメインの魚や肉以外の副菜は、全て同じものが入っている。「本さわらの西京漬け焼き」は、身がぎっしりと詰まっていて、食べ応えがある。表面の味噌と酒粕が程よく調和していて味が濃く、ご飯が進む。ほかの魚と比べて脂っぽくない分、女性や年配の人でも食べやすいだろう。






「銀(カラス)カレイ照り焼き弁当」(税込 1,134円)



「銀(カラス)カレイ照り焼き弁当」(税込 1,134円)


 「銀カレイ照り焼き」は、身がほろほろとして柔らかく、口に入れると甘味の後に、うま味がやって来て、ご飯ともよく合う。個人的には、今回の中で一番好みの味だった。

身が柔らかく、酒の風味も感じられる。





「サーモンハラス甘塩焼き弁当」(税込 1,134円)



「サーモンハラス甘塩焼き弁当」(税込 1,134円)


 人気弁当の一つ「サーモンハラス塩焼き」は、焼き魚特有のパサパサした感じがなく、しっとりとしていて柔らかい。たれにしっかりと付けられていて、うま味があり、サーモン好きにはたまらないだろう。

身がしっとりとして柔らかいサーモンハラス。



「国産牛生姜焼き弁当」(税込 1,188円)



「国産牛生姜焼き弁当」(税込 1,188円)


 肉系の弁当も人気とのことなので「国産牛の生姜焼き」をチョイス。こちらの牛肉は脂身はありながらも、玉ねぎのシャキシャキ感が強めで、さっぱりと食べられる。生姜が結構効いているが、玉ねぎの甘みもたっぷりと出ていて、全体的には甘めの味わいだった。

生姜焼きは、玉ねぎの食感が特徴的だ。


 「金兵衛」の弁当は、冷めても美味しい弁当として作られているため、総じて味は濃いめだが、一品一品の味が整っており、全体的にも味のバランスがとれた良質な弁当だった。「金兵衛」の弁当に入っている魚は、通販で購入することもできるのだそう。魚もおかずも、お酒によく合うので、お酒のお供にも良いかも。
《高永きょん》

関連ニュース

特集

page top