【インタビュー】元NGT48の菅原りこが“今後の活動”を語る!「ちょっと大人びた感じで舞台に立ちたい!」 | RBB TODAY

【インタビュー】元NGT48の菅原りこが“今後の活動”を語る!「ちょっと大人びた感じで舞台に立ちたい!」

エンタメ その他
菅原りこ【撮影:小宮山あきの】
  • 菅原りこ【撮影:小宮山あきの】
  • 菅原りこ【撮影:小宮山あきの】
  • 菅原りこ【撮影:小宮山あきの】
  • 菅原りこ【撮影:小宮山あきの】
  • 菅原りこ【撮影:小宮山あきの】
  • 菅原りこ【撮影:小宮山あきの】
  • 菅原りこ【撮影:小宮山あきの】
  • 菅原りこ【撮影:小宮山あきの】
 昨年5月にNGT48を卒業し、エイベックス・マネジメントの所属タレントとして再出発を遂げた菅原りこが、1月9日から上演する舞台「『罪のない嘘』~毎日がエイプリルフール ~」に出演する。

 同作は、佐藤B作が主宰する「劇団東京ヴォードヴィルショー」のために三谷幸喜が書き下ろしたシチュエーションコメディ。妻子と別れ、愛人と暮らす主人公・鏑木研四郎(佐藤)が数日前まで住んでいたマンションに、娘のちよみ(菅原)が婚約者の万次郎(辰巳雄大/室龍太)を連れてやってくることで繰り広げられる人間模様を描く。研四郎がついたちょっとした「嘘」が、繕えば繕うほどに“おおごと”になっていき、絶体絶命のピンチを迎える!?

 同作がNGT48卒業後の初舞台となる菅原は、劇中で主人公の娘であり、物語が動き出すきっかけを作る重要な役柄を演じる。そんな菅原に、同作の役柄に挑戦した感想や新境地で目指す今後の抱負、好きなコメディ作品や最近のマイブームについて語ってもらった。


――本作への出演が決まったときの率直な思いは?

 最初に三谷幸喜さんが原作で佐藤B作さんが主演の舞台が決まったと聞いたときは、何~っつ!?って驚きました。その後、キャストさんの写真が送られてきたときに、これはだめだ~!こんなに豪華なキャストの中で私が一人混ざって迷惑をかけないように、本当に頑張らなきゃいけないなと思ったのを覚えています。

――共演者は佐藤B作さん、小林麻耶さん、鈴木杏樹さんなど個性豊かな方々ですが、それぞれの印象をお聞かせください。

 B作さんと最初にお会いしたときは緊張していたのですが、「場面と場面をつなぐ貴重な役柄だから一緒に頑張ろうね」と言ってくださって、そのお言葉が私のやる気に変わって、本当に嬉しかったです。小林さんは最初はあまりに奇麗すぎて話しかけられなかったのですが、小林さんの方から話を振ってくださってお話しができました。鈴木さんは「下の名前でりこちゃんって呼ぶね」って言ってくださったり、すごく優しい方です。皆さん真摯な方で尊敬しています。

――菅原さんが演じる「ちよみ」という女性については、どんなイメージを持ちましたか? 

 優しくて家族思いな女性なんですけど、時には怒ったりズバッという所もあったりと、いろんな面がある女性です。そこの部分をメリハリをつけて、上手く演じ分けていきたいです。

――菅原さん自身が「ちよみ」と似ているところや、シンパシーを感じる部分は?

 1つだけ似ているなと思うところがあって、自分では全く思っていないのに、気がつくと人に迷惑をかけているところですね(笑)。

――役作りはどの様にしているのですか?

 台本はベッドの上じゃないと覚えられないので、いつもベッドの上に立ったり座ったりしながら台本を読んでいます(笑)。少しでもちよみになりきるために、プライベートの時間もちよみでいるように心掛けていますね。台本が分厚くてプレッシャーが大きいのですが、三谷さんの作品に携われることは嬉しいことなので、感謝の気持ちを込めて頑張りたいです。

――1、2月公演では、ふぉ~ゆ~の辰巳雄大さんが菅原さんの恋人役を演じますが、その役柄で、菅原さんが女性として魅かれる部分はありますか?

 劇中では、私がガツガツして引っ張っていて、男の人と女の人が逆転しているようなカップルなんです。彼がお父さんに何も言えずに、されるがままになっているシーンがあるんですけど、そこは男性として可愛いなと思う胸キュンポイントですね。普段の私はほわほわしてると言われるんですけど、この舞台の時だけはビシバシッとやっているんです。

――コメディは好き?好きなコメディ作品やお笑い芸人は?

 コメディは大好きです。とくに小さい頃からお父さんの影響で『笑点』が大好きで、よく見ていますね。落語家の皆さんは個性があって、言うことが全部面白いのがすごいなって思います。でも、まさか自分がコメディに出る側になるなんて思っていなかったので、笑いどころいっぱいの『笑点』を見て勉強したいです。

――同作に臨むために、新潟から東京に出てきたと聞きました。東京暮らしの感想は?

 東京は全然新潟とは違うので、私ちゃんと東京の人になれるかな?と思っていたんですけど、一応ちゃんと生活できています(笑)。昨年11月に東京にお部屋を借りて、テレビはこの位置とか、インテリアを決めるのもすごく楽しくて。昨年は、お母さんとお父さんが荷物を持ってきてくれた時に、寂しくないようにって一緒にクリスマスツリーを買ってきてくれたので、毎日それを灯しながら寝ていました。

――最近のマイブームは?

 アロマの香りをかぐことと、寝る前に絶対にアイマスクをして寝ることです。ゆずの香りがするアイマスクをして眠っているのですが、ぐっすり眠れて、翌日パッと目が開くようになって、すごくいいのでおすすめです。

――昨年は菅原さんにとって、NGT48卒業という大きな節目の年となりました。アイドルを卒業して再スタートとなりますが、今後やってみたい仕事や目標は? 

 今後は演技だったり、音楽だったり、声だけを使うお仕事だったり、バラエティにも出てみたいですし、マルチに活動できたらなと思っています。いろんな私を見ていただきたいなと思っているので、今年は飛躍できる年にしたいです。

――今、ファンの方に伝えたいメッセージは?

 すごく久しぶりに皆さんの前に立って会うことができるので、その嬉しさもある反面、皆さんを安心させられるように、緊張を見せないで、ちょっと大人びた感じで、しっかりと舞台の上に立ちたいと思っています。ツッコミどころが満載で、見ごたえがある作品なので、ぜひ見に来てくださいね。


■作品情報
 舞台「『罪のない嘘』~毎日がエイプリルフール ~」
 2020年1月9日~19日 ヒューリックホール東京ほか全国6都市で上演。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top