笠井アナ、クリスマスに決意の断髪「覚悟の第一歩」 | RBB TODAY

笠井アナ、クリスマスに決意の断髪「覚悟の第一歩」

エンタメ その他
 悪性リンパ腫で闘病中のフリーアナウンサー・笠井信輔が27日放送の『とくダネ!』(フジテレビ)にVTR出演。散髪したことへの思いを語った。


 30年間同じ髪型を貫いてきた笠井アナだったが、今月25日のクリスマスに髪を短くカット。番組のカメラに笠井アナは「自分が抗がん剤で髪の毛が全部抜けることへの覚悟の第一歩として、これは儀式ですよ」と断髪を決意した思いを明かし、「新たな自分との出会いですよ」とポジティブに語った。

 また、自身の髪が短くなった姿に「原点帰りしてきた感じだな」と懐かしそうに語る笠井アナ。「真面目な顔すると笑っちゃうな。お笑い芸人にいるよ、こういうの」と笑顔で話していた。

 そして笠井アナはVTRを見るスタジオの小倉智昭に向かって「小倉さんこんな感じになりました。抗がん剤治療への覚悟を示そうとして短くしたんですが物足りなかったでしょうか。自分としてはここが今の限界です」と新しい髪型への感想を求め、「なんとか治療がうまくいくといいなと思って頑張ってます」と語っていた。

 小倉は「頑張ってるのはわかるけど」と前置きした上で、「鼻の下のヒゲは似合わないよ?」と髭を剃り残す笠井アナにツッコミ。一方で、「覚悟の表れで髪を切ったって、笠井君らしいね」と言い、「これから厳しくなってくるから、ブログのためだけに無理をするというのだけはやめてほしいね」と体を気遣っていた。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top