加藤浩次、吉本会長との話し合いは平行線「意思は変わらない」 | RBB TODAY

加藤浩次、吉本会長との話し合いは平行線「意思は変わらない」

加藤浩次が24日放送の『スッキリ』(日本テレビ)に出演。23日の番組内で吉本興業の大崎洋会長と同日夕方に会談することを明かしていた加藤がその結果を報告した。

エンタメ その他
加藤浩次 (c)Getty Images
  • 加藤浩次 (c)Getty Images
 加藤浩次が24日放送の『スッキリ』(日本テレビ)に出演。23日の番組内で吉本興業の大崎洋会長と同日夕方に会談することを明かしていた加藤がその結果を報告した。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 上層部が解任されない限り、退任する意向であることを番組で宣言していた加藤。この日は、番組の冒頭から緊急会談の話題へ。加藤は「まず、こんな事態になってしまっていることにお詫びしたい。申し訳ないと思っています」と言い、頭を下げ、「話をして、大崎会長は今の体制でなんとか吉本を変えてきたいんだっていう話をされました。いろんな改革案みたいなのを聞きました。でも僕はこの番組で言った通り、現在の経営陣っていうのに変わっていただかないと僕は辞めるという風に言ったということで、そこはいろんな話をしました」と語った。

 宮迫博之・田村亮の会見と、岡本昭彦の会見での発言に齟齬があることなども話し合ったと言い「それについて大崎会長は『そうかぁ、それあるかぁ。でもここはこうだからな』って。会社側の意見として僕は聞きました。僕は芸人側の意見として言いました。そこに合致点がなかなか見つからなかった」と加藤。会社側の意見と芸人側の意見で平行線のまま、会談は3時間が過ぎたと明かし、「結果として大崎会長が一回持ち帰らせてくれという形になった」と語った。

 さらに加藤は「(大崎会長は)あの(岡本社長の)記者会見をそんなに悪いと思ってい」と明かし、「それも会社側の考え方ということなので僕の考え方とはちょっと違ってた。これからまた引き続き話しもしながら決定していきたいと思う。僕の意思は変わらないと思う」と語った。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top