セキュリティカメラ市場が業界再編!?/万引き防止用防犯カメラロボット【週刊防犯ニュースTOP5】 | RBB TODAY

セキュリティカメラ市場が業界再編!?/万引き防止用防犯カメラロボット【週刊防犯ニュースTOP5】

IT・デジタル セキュリティ

ドライブレコーダー内蔵ナビの「録ナビ」(画像はプレスリリースより)
  • ドライブレコーダー内蔵ナビの「録ナビ」(画像はプレスリリースより)
  • 人間の五感のようなセンサーとAIを搭載した防犯ロボットカメラ「アースアイズ」シリーズの店舗向けモデル「ee1-R」。事件・事故を未然に防ぐことに主眼が置かれている(画像は公式Webサイトより)
  • 「バリアフリー認証技術」では、レーザープロジェクタを天井に設置することで、従来の認証装置の設置場所が高くて使いづらい、使えないといった「不便」の解消が可能になるという(撮影:防犯システム取材班)
  • 「MAMORIO」の「クラウドトラッキング機能」は、専用アンテナや他のMAMORIOユーザーのスマホが「MAMORIO」の電波を受信すると、現在地をMAMORIOサーバーに送信するという機能(画像はプレスリリースより)
  • ネットワークカメラのビデオ解析技術において独自性と先進性を持つボッシュセキュリティシステムズ。ソニーが持つ高画質イメージング技術の融合により、どんな製品が生まれるのか、今後の動きに注目したい(撮影:防犯システム取材班)
 先週1週間でお伝えしてきた防犯&防災、セキュリティに関するニュースから多くの読者の関心を集め、特に注目したい記事をランキング形式で紹介する「週刊防犯ニュースTOP5」。

 今週は、セキュリティカメラ市場において新たな化学変化が期待される大手メーカー同士の協業のニュースや、AI&五感を搭載した防犯カメラロボットの発売・発表など、監視カメラにかかわるニュースを中心に関心を集めた。

【第5位】
バックモニターの録画にも対応!ドラレコ内蔵カーナビ
公開日:2016年11月15日(火)




 第5位は、富士通テンが12月上旬からの発売を予定しているドライブレコーダー(ドラレコ)をカーナビに内蔵した「録ナビ」シリーズに関するニュース。

 最大の注目点は、「録ナビ」のDシリーズが対応する、別売のバックアイカメラ(バックモニター)で撮影した映像を記録できること。ドライブレコーダーというと、前方の録画というイメージが強いが、Dシリーズなら信号待ちや渋滞時などに後方から追突されてもしっかり証拠映像を記録できるのだ。




【第4位】
AIを活用した防犯ロボットカメラの店舗向けモデルが先行発売へ
公開日:2016年11月17日(木)




 続いては、防犯システムNAVIでも以前から注目してきた防犯ロボットカメラ「アースアイズ」シリーズに関するニュース。

 同製品の基本コンセプトは、“事件・事故を未然に防ぐこと”となっており、視覚、嗅覚、聴覚、など人間の五感に近い高度なセンシング機能と、不審な行動などを検知するAI(人工知能)を搭載することで、そのコンセプトを実現を目指すという。

 今回先行発売が発表された店舗向けモデル「ee1-R」は、臭覚センサーや温度識別機能など一部機能は備わっていないが、AIと顔認証などを用いることで、万引き防止などを実現する。




【第3位】
子供や車イス利用者にも配慮したバリアフリー認証とは?
公開日:2016年11月14日(月)




 第3位は、NECが東京国際フォーラムで開催した「C&Cユーザーフォーラム&i EXPO 2016」にて参考出展した「バリアフリー認証技術」に関する記事。

 昨今、認証技術というと生体認証などのハイセキュリティなものに注目が集まるが、「バリアフリー認証技術」では、子供や車イスを使っている人など、従来の認証方式で「不便」を感じていた人に向けた一風変わった技術となる。使いやすさもさることながら、顔認証などと組み合わせることで、セキュリティレベルを高めた運用も可能な点も興味深い。




【第2位】
忘れ物が駅に届くと持ち主に自動通知!東急が新サービスを試験導入
公開日:2016年11月14日(月)




 第2位は、昨今、様々な企業と連携した取り組みが目立つMAMORIO社のBluetooth Low Energy(BLE)を使った落し物追跡タグ「MAMORIO」に関するニュース。今回の記事では、東京急行電鉄(東急電鉄)が「MAMORIO」を試験導入して、忘れ物の早期発見・通達・受け渡しを目的としたサービスを試験的に開始したことを伝えている。

 「MAMORIO」を付けた落し物が東横線・田園都市線渋谷駅「ヒカリエ2」改札口横の忘れ物受付所に届くと、ユーザーに対して位置情報が通知され、渋谷駅で保管されていることが分かるという仕組みになる。




【第1位】
進む業界再編!ソニーとボッシュセキュリティシステムズが協業
公開日:2016年11月16日(水)




 先週もっとも読まれた注目記事の第1位は、ソニーとボッシュセキュリティシステムズが15日に発表した、ビデオセキュリティ事業分野における協業契約締結に関する記事。

 近年では、キヤノンが世界的なシェアを持つネットワークカメラメーカー大手のアクシスコミュニケーションズの株式を買収したり、コニカミノルタが、ドイツの監視カメラメーカーのMOBOTIX AGの株式を買収するなど、業界再編ともいえる動きがセキュリティカメラ市場で活発だ。

 今回の協業は、今後、日本を除くグローバル市場において、ボッシュセキュリティシステムズがソニーのビデオセキュリティのカスタマーサポートを担当するという、かなり密接な協業ということもあり、大きな注目を集めた。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top