進む業界再編!ソニーとボッシュセキュリティシステムズが協業 | RBB TODAY

進む業界再編!ソニーとボッシュセキュリティシステムズが協業

IT・デジタル セキュリティ

ネットワークカメラのビデオ解析技術において独自性と先進性を持つボッシュセキュリティシステムズ。ソニーが持つ高画質イメージング技術の融合により、どんな製品が生まれるのか、今後の動きに注目したい(撮影:防犯システム取材班)
  • ネットワークカメラのビデオ解析技術において独自性と先進性を持つボッシュセキュリティシステムズ。ソニーが持つ高画質イメージング技術の融合により、どんな製品が生まれるのか、今後の動きに注目したい(撮影:防犯システム取材班)
  • ソニーのネットワークカメラは、近年、4Kや低照度環境下のカラー撮影などに先進的なイメージング技術を活かした製品を手がけている。今回の内容を見ると、ソニー製品のワールドワイドでのカスタマーサポートをボッシュが担当するなど、かなり密接な連携を行う協業となる(撮影:防犯システム取材班)
 ソニーおよびボッシュセキュリティシステムズは15日、ビデオセキュリティ事業分野における協業契約を締結したことを発表した。

 両社はビデオセキュリティシステム事業分野における技術的な協業を行うことで、ソニーが強みを持つ4Kなどの高画質イメージング技術と、ボッシュのビットレートマネジメント技術およびビデオ解析技術を融合し、ビデオ監視システム分野で新たにスタンダードとなる製品やソリューションの提供を目指していく。

 また、ボッシュセキュリティシステムズの販売マーケティング組織が、日本を除く全世界でソニーのビデオセキュリティのカスタマーサポートを担当する。

 Bosch Sicherheitssysteme GmbHは従業員13,000名、売上17億ユーロのグローバル企業で、ビデオ監視システム、侵入検知システム、火災検知システムなどのセキュリティ分野をはじめ、業務用オーディオシステムなどを手がけている。

 近年では、キヤノンが世界的なシェアを持つネットワークカメラメーカー大手のアクシスコミュニケーションズの株式を買収したり、コニカミノルタが、ドイツの監視カメラメーカーのMOBOTIX AGの株式を買収するなど、業界内の再編が進んでいる。今回のソニーとボッシュセキュリティシステムズとの協業は、少しおもむきは異なるが、両社ともに独自の技術を持つメーカーだけに、今後の展開に大いに注目したい。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top