ポータブルカーナビに震災支援モード搭載!ユピテルの新モデル | RBB TODAY

ポータブルカーナビに震災支援モード搭載!ユピテルの新モデル

IT・デジタル モバイル

ユピテル YPF7530
  • ユピテル YPF7530
  • ユピテル YPB553
  • ユピテル YPB743
  • ユピテル YPL523
  • ユピテル ポータブルカーナビ 2017年モデル
ユピテルは、ポータブルカーナビの2017年モデル4機種を4月初旬より順次発売する。

2017年モデルは、見やすく使いやすい「マップルナビPro3」の2017年春版最新データを収録する。3月開通の「首都高速神奈川7号横浜北線(横浜港北JCT~生麦JCT)」など、新開通道路に対応。さらに近年増加する「スマートIC」にも対応し、目的地までのルート案内をより的確に、より快適に案内する。

また、トラブル時もしっかり導く新機能「震災支援モード」と「カーレスキューボタン」を追加。震災支援モードでは、震災時などに、昭文社が発行している震災時帰宅支援マップの情報をナビに表示。危険箇所や水飲み場、帰宅困難者一時滞在施設などの情報をマップで確認できる。カーレスキューボタンは、事故やバッテリー上がり、脱輪などのトラブル発生時に役立つ新機能。案内に従って進むだけで専用ダイヤルを表示。現在地を伝えるためのナビ操作も専任オペレーターがわかりやすくサポートしてくれる。

さらに、イラスト案内表示や音声案内もリニューアルし、使いやすさを高めた。ルート案内中は、走行中の自車位置に応じて、曲がる場所の交差点情報や、次に案内する交差点の情報などを、大きく見やすいイラストで表示。右左折専用レーンがある交差点手前での音声案内などを追加した。

ラインアップは7インチ/フルセグの「YPF7530」、7インチ/ワンセグの「YPB743」、5インチ/ワンセグの「YPB553」、5インチ/TV非搭載の「YPL523」の4機種。価格はいずれもオープン。

ユピテル、ポータブルカーナビ2017年モデルを発表…震災支援モードなど新機能追加

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

編集部のおすすめ記事

特集

page top