なりすましや置き忘れを抑止する顔認証印刷ソリューション | RBB TODAY

なりすましや置き忘れを抑止する顔認証印刷ソリューション

IT・デジタル セキュリティ

マイナンバー運用時などのセキュリティが求められる印刷ソリューションにおいて、事前に登録した利用者が顔認証だけでハンズフリー印刷することが可能となる(画像はプレスリリースより)
  • マイナンバー運用時などのセキュリティが求められる印刷ソリューションにおいて、事前に登録した利用者が顔認証だけでハンズフリー印刷することが可能となる(画像はプレスリリースより)
  • 顔認証を使ったセキュリティソリューションのイメージ。今回は印刷に関するソリューションとなる(画像はプレスリリースより)
 シーイーシーとNECの両社は7日、顔認証セキュリティ分野で協業して新ソリューションを同日から販売することを発表した。

 シーイーシーの認証印刷ソリューション「SmartSESAME SecurePrint!」は、ICカードや静脈認証による認証印刷に対応しているが、今回NECの顔認証エンジン「NeoFace」を応用したハンズフリー認証が追加されることで、複合機・プリンタの印刷をより簡単かつ安全に利用する事が可能となる。

 具体的には、PCなどから印刷指示を出した場合、実際に複合機やプリンタの前で顔認証を行うことではじめて紙がプリントされるというもの。これまでなら、印刷指示を出して紙が出力されたものの、そのまま放置されるという、オフィスでありがちなセキュリティホールをふさげるというメリットがある。

 官公庁や自治体をはじめ、金融業界や保険業界などの機密性が高い情報を取り扱う企業などでの市場を対象としている。ネットワークカメラ、「SmartSESAME SecurePrint!」顔認証版1ライセンス、ライセンス年間利用料を含めた参考価格は複合機・プリンタが10台の場合で100万円程度。2年目以降は別途ライセンの購入が必要となる。

 顔認証によるメリットとしては、印刷した人間の顔を確実にとらえるので、なりすましなどを抑止でき、もし情報流出が発生した場合にも原因究明を迅速化することが可能だ。利用者としても、ハンズフリーでの印刷ができるので利便性、作業効率の向上が見込める。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top