乃木坂46、『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016』に初主演 | RBB TODAY

乃木坂46、『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016』に初主演

エンタメ その他

乃木坂46、『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016』に初主演
  • 乃木坂46、『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016』に初主演
 8月20日午後9時放送予定の『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016』に乃木坂46の生田絵梨花、生駒里奈、齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬が初主演することがわかった。

 「普段ミュージックビデオの収録では明るい光の中にいるので、薄暗い画面の中にいるのをモニターで見て『ほん怖の世界にいる!』と思いました」(生田絵梨花)、「夏の風物詩でもある『ほん怖』に初めて出させていただいてうれしいです。私以外のみんなが無事に病院から帰ってこられるよう祈っています」(生駒里奈)、「憂体は苦手で、特に大人の幽霊が苦手なのですが今回おばあちゃんの幽霊が出てきてリアルで本当に怖かったです」(齋藤飛鳥)、「これまでもよく見ていた『ほん怖』に出られると聞いてすごくうれしかったですし、メンバーが一緒ということでさらにうれしかったです。よく使うエレベーターで起こることなので見ている皆さんもハラハラどきどきする作品になると思います」(白石麻衣)、「役名が円美(まるみ)という名前なのですが私のニックネームが七迫るでまるが一緒なのがうれしかったです」(西野七瀬)とそれぞれに出演に関して怖さと同時に喜びを語った。

 また今回はテレビ地上波だけでなく、VR(バーチャルリアリティー)でも乃木坂46を主演に据えた「乃木坂46 VRホラーハウス」も「お台場みんなの夢大陸」に登場する。

 実際にVRの撮影を初体験したメンバーたちは「乃木坂46でこういう映像に出演するというのはなかなかない機会なので、ぜひご覧になる方には、思い切り怖がっていただいて泣いてほしいです」(生駒里奈)、「(来てくださる皆さんには)怖がってほしいけど、映像では(桜井)玲香たちがリアルで怖がっている姿が見えるので普段は見えないところを楽しんでほしいです」(齋藤飛鳥)、「360度あらゆる角度から撮影したので一回じゃ絶対見逃すところもあると思います。ぜひそのあたりを研究して見てほしいと思います」(桜井玲香)、「お化け屋敷が怖いという人も、臨場感がある形なのに安全は確保されているので、とにかく怖いのは目だけ!体は大丈夫だから挑戦してほしいと思います。お子さんたちにもぜひ怖がってもらいつつ楽しんでいただけたらなと思います」(高山一実)、「皆さんにもびびってほしいけれど私たちがびびっている姿も珍しいと思うのでそこも注目かなって思います」(西野七瀬)とそれぞれ話した。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top