安室奈美恵、NHKリオ五輪放送テーマソングに! | RBB TODAY

安室奈美恵、NHKリオ五輪放送テーマソングに!

エンタメ 音楽

安室奈美恵/アーティスト写真
  • 安室奈美恵/アーティスト写真
  • 安室奈美恵(C)Getty Images
女性シンガーとして絶大な人気を誇るアーティスト・安室奈美恵の新曲「Hero」が、今年開催される4年に1度のスポーツの祭典「リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック」の、NHK放送テーマソングに決定した。

安室さんは沖縄県出身のアーティスト。10代でデビューすると瞬く間にヒット曲を連発。中でもシングル「CAN YOU CELEBRATE?」は大ヒットを記録し、自身3回目の出場となった「第48回NHK紅白歌合戦」では紅組のトリを務めるほどの国民的アーティストとなった。2015年リリースの「Red Chapter」では、アーティスト歴代トップとなる“21年連続シングルTOP10入り”の快挙を達成。またアジア地域でも音楽チャートで1位を獲得するなど、国内のみならず海外からも高い人気を誇る。

今回、安室さんが、8月5日(金)から8月21日(日)までブラジルのリオデジャネイロで開催される第31回夏季オリンピック「リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック」のNHK放送テーマソング歌手に決定。これまで同テーマソングには、2004年アテネ大会では「ゆず」の「栄光の架橋」、2008年北京大会では「Mr.Children」の「GIFT」、2012年ロンドン大会では「いきものがかり」の「風が吹いている」などが起用されている。

NHK側は安室さんについて「“人々の胸に響く力強い歌声”と、女性シンガーの第1人者としての“幅広い世代から支持”されていること」が選考ポイントだと明かし、本楽曲について「ひたむきに競技に打ち込むアスリートたちへの“人間賛歌”であり、その姿に明日への希望を見いだす人々への“応援ソング”」とし「多くの感動を与えてくれるもの」と期待を寄せている。

テーマソングのタイトルは「Hero」。安室さんは、今回のリオ五輪テーマソング決定に「大変光栄です」「応援の気持ちを込めて、この曲を歌っていきたい」と意欲をコメントした。

NHKでは、早くも4月3日(日)に行われる体操の全日本選手権、4日(月)から行われる水泳の日本選手権で本楽曲をテーマソングとして放送予定だ。

安室奈美恵、NHKリオ五輪放送テーマソングに!「応援の気持ちを込めて」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top