声優・松来未祐さん、「慢性活動性EBウイルス感染症」だったことを遺族が公表 | RBB TODAY

声優・松来未祐さん、「慢性活動性EBウイルス感染症」だったことを遺族が公表

エンタメ ブログ
 10月27日に38歳の若さで亡くなった声優の松来未祐さんの病名が「慢性活動性EBウイルス感染症」だったことが公式ブログで公表された。

 これまで死因などについては明かされてこなかったが、遺族の「同じ病気の一人でも多くの人が、早期発見により助かって欲しいので、病名を公表したい」という意向で今回公表されたという。

 「松来未祐を応援してくださった皆様へ」というタイトルで15日に更新されたブログでは、最初に事務所スタッフ一同から「昨日12月14日、松来未祐の四十九日が無事に終わりました」と報告がなされた。

 当初原因不明のまま肺炎で入院した松来さんだったが「精密検査の結果、"慢性活動性EBウイルス感染症"という非常に症例が少なく、難病指定もされていない難しい病気であることが判明」したという。

 そこから闘病が始まった松来さんだったが「9月4日には奇跡的に一時退院が認められましたが、9月18日再入院」となり「10月27日午後10時18分永眠いたしました。最終的な死因は"悪性リンパ腫"でした」と最終的な死因についても明かされた。

 松来さんは生前「いつか手記を出して同じ病気に苦しむ人の支えになりたい」と考えていたそうで「今回の公表を機に、より多くの方に「慢性活動性EBウイルス感染症」という病気を知っていただき、早期発見と治療法の進展に繋がることを願っております」という言葉とともに「改めて、松来未祐を支えてくださった全ての方々に、スタッフ一同、心より感謝申し上げます」というメッセージと松来さんのご両親からのメッセージがブログの最後に添えられていた。

「娘の闘病生活については頭が下がるほど立派でした。ただ、ただ、仕事に復帰したい一念だったと思います。亡くなる直前まで意識はあったようで、言葉を発することはできませんでしたが、こちらの問いかけにはコックリと頷いていました。声優仲間の他ご縁のあった方々からの多大なご協力、ご支援、ご厚情に親として驚くとともに感謝に堪えません。また、これまで長い間松来未祐を応援してくださった多くのファンの皆様、本当にありがとうございました。」
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top