21日夜は“オリオン座流星群”……広範囲で観測日和 | RBB TODAY

21日夜は“オリオン座流星群”……広範囲で観測日和

ブロードバンド その他

“オリオン座流星群”の観測チャンス
  • “オリオン座流星群”の観測チャンス
  • “流星キャッチャー”での通知イメージ
 ウェザーニューズは14日、秋の天体イベント“オリオン座流星群”の出現ピークの天気傾向を発表した。国立天文台によると、今年の流星群は、10月21日夜~22日早朝が、観測に適した時間帯になるという。

 21日は、西~東日本の太平洋側を中心によく晴れて、全国の広い範囲で観測を楽しめるとのこと。月が沈む21日24時頃からは、月明かりの影響もなくなる見込みだ。一方、西~東日本の日本海側は前線の影響で雲が広がりやすく、特に北陸は雨の可能性もあり、観測には厳しい天気になりそうだ。

 ウェザーニューズでは21日22時より、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて特別番組を配信。全国7か所から流星の同時中継を行う。また、流星の様子を3分以内にスマホへ通知するサービス“流星キャッチャー”の登録受け付けも開始している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top