13日のふたご座流星群、観測できるエリア&天気は? | RBB TODAY

13日のふたご座流星群、観測できるエリア&天気は?

 12月13日夜は、流星群の中で流れる数がもっとも多い「ふたご座流星群」が見頃を迎える。当日は、全国的に雲が広がる予報だが、北海道の道東や東北太平洋側、沖縄など一部の地域では雲の隙間を狙って観測のチャンスがありそうだという。

IT・デジタル 科学・宇宙
12月13日夜~14日早朝の天気(12月6日時点)
  • 12月13日夜~14日早朝の天気(12月6日時点)
  • 12月13日午後10時の星空(東京)
  • ふたご座流星群特別番組
  • 「流星キャッチャー」登録画面
 12月13日夜は、流星群の中で流れる数がもっとも多い「ふたご座流星群」が見頃を迎える。当日は、全国的に雲が広がる予報だが、北海道の道東や東北太平洋側、沖縄など一部の地域では雲の隙間を狙って観測のチャンスがありそうだという。

 ふたご座流星群は、しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並ぶ三大流星群の1つ。空気の澄んだ冬に出現し、一晩中観測を楽しむことができるので、観測しやすい流星群である。流星群の中でも流れる数がもっとも多いと言われており、出現ピーク時には1時間に40個以上の流星を見ることができる。

 ウェザーニューズによると、2016年は満月間近の月が輝き月明かりが邪魔をする。そのため、月から遠い方向の空をなるべく広く見るように観測するとよいという。

 12月6日時点での13日夜~14日早朝の天気は、低気圧や前線が通過し、冬型の気圧配置へ移行するタイミングであるため、全国的に雲が広がり、流星群観測は難しくなる予報。ただ、低気圧が早く進むため、北海道の道東や東北太平洋側、関東の一部、四国・九州の太平洋側、沖縄県では雲の隙間を狙って観測のチャンスがありそうだという。

 ウェザーニューズでは、ふたご座流星群のようすを13日夜に、24時間生放送のお天気番組「SOLiVE24」の流星特別番組で全国7か所から生中継する。第1部は午後9時からスマホ視聴者向けのタテ型動画による番組、第2部は午後10時から流星特別番組を放送する。番組は、ウェザーニュースのWebサイトのほか、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!by AbemaTV、Facebookライブ動画など各種動画サイトでも視聴できる。

 また、中継で捉えた星が流れる瞬間の映像が3分以内にスマートフォンにプッシュ通知で届くサービス「流星キャッチャー」の登録も開始した。登録には、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後、「星空 Ch.」からアクセスする。

12/13ふたご座流星群、観測できるエリアはどこ? 気になる天気

《外岡紘代》

関連ニュース

特集

page top