4人に1人は花見に行かない?全国の花見事情をウェザーニューズが調査 | RBB TODAY

4人に1人は花見に行かない?全国の花見事情をウェザーニューズが調査

ライフ その他

4人に1人は花見に行かない?全国の花見事情をウェザーニューズが調査
  • 4人に1人は花見に行かない?全国の花見事情をウェザーニューズが調査
  • 4人に1人は花見に行かない?全国の花見事情をウェザーニューズが調査
  • 4人に1人は花見に行かない?全国の花見事情をウェザーニューズが調査
  • 4人に1人は花見に行かない?全国の花見事情をウェザーニューズが調査
  • 4人に1人は花見に行かない?全国の花見事情をウェザーニューズが調査
  • 4人に1人は花見に行かない?全国の花見事情をウェザーニューズが調査
  • 4人に1人は花見に行かない?全国の花見事情をウェザーニューズが調査
  • 4人に1人は花見に行かない?全国の花見事情をウェザーニューズが調査
 ウェザーニューズは、同社運営のスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」を通して「お花見調査」を実施。16日、その結果(回答数:のべ73,332件)を発表した。

 「今年はお花見何回行きたい?」という質問では、平均1.4回という結果に。74%が花見に行く予定と回答する一方で“行く予定なし”との回答も25.9%と2番目に多く、花粉症や仕事などを理由に、約4人に1人は花見に行かないという実状が明らかとなった。都道府県別でみると、花見の回数が最も多いのは山形県で2.2回、次いで佐賀県、秋田県、富山県が1.9回で続き、逆に1番少なかったのは沖縄県の0.8回。沖縄県では、宴会をしながら花見をする習慣がないため、これだけ少ない結果になった。

 花見は、近場で済ませる人もいれば、遠出する人もいる。俯瞰するとどうなのだろうか。調査結果によれば、花見場所への所要時間は全国平均2.1時間、花見を楽しむ時間は2.0時間と、多くの方が、多大な時間を花見に費やしていることが分かっている。さらに、花見で宴会をするのであれば、多くの場合、場所取りが欠かせないが「お花見の場所取りは何時間前?」という質問に対する回答結果を参照すると、場所取りする人は24%と4人に1人にのぼり、全国平均では約3.7時間前に場所取りをするという実状が明らかとなった。都道府県別にみると、最も場所取りに時間をかけるのは岐阜県で6.2時間、次いで広島県の5.6時間、鳥取県の5.5時間、青森県の5.1時間が続く。この結果からは、日本人の花見に対する情熱が伝わってくる。

 近年、花見のマナーが悪化していることが伝え聞かれるが、「お花見でのマナー、年々悪くなっていると思いますか?」との質問に対しては、約7割(67%)が”思う”と回答。「お花見でよく見かけるマナー問題は?」との質問に対しては、“ゴミを持ち帰らない”が断トツの66%、次いで“大声で叫んでいる”が16%という結果となった。花見では気分が高揚しがちだが、花見の後は、後片付けなどしっかりとマナーを守りたいものだ。ほかにも、あったら良かったお花見グッズに関する質問など、なかなか興味深い調査結果になっている。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top