HKT48兒玉&多田&穴井、NGT48本格始動に言及「負けないように」 | RBB TODAY

HKT48兒玉&多田&穴井、NGT48本格始動に言及「負けないように」

エンタメ その他
多田愛佳、兒玉遥、穴井千尋【写真:竹内みちまろ】
  • 多田愛佳、兒玉遥、穴井千尋【写真:竹内みちまろ】
  • 多田愛佳、兒玉遥、穴井千尋【写真:竹内みちまろ】
  • 兒玉遥【写真:竹内みちまろ】
  • 穴井千尋【写真:竹内みちまろ】
  • 多田愛佳【写真:竹内みちまろ】
 HKT48の兒玉遥、多田愛佳、穴井千尋が18日、都内にて、ヒストリーブック「HKT48成長記 腐ったら、負け」(8月8日発売)の発売記念イベントを開催。10月から本格始動するNGT48にライバル意識を燃やした。

 NGT48について、兒玉は「妹分のグループができるのは初めてなので、すごく楽しみです」と笑顔を見せたが、指原莉乃と同じくAKB48からHKT48に移籍した多田は、NGT48を牽引することとなる北原里英と柏木由紀が、指原と自身の同期生であることに触れ、NGT48を取り巻く環境が「HKT48と若干似ているじゃないですか」と指摘。「HKT48もそろそろ何か武器を持たないと負けちゃうなと」と危機感を持っていることを明かした。

 HKT48チームHのキャプテンを務める穴井は、NGT48について、「妹分ができるという実感はまだないのですが」とするも、「HKT48が負けないように、フレッシュに、がんばって、まだまだ輝けるように、妹分なんかに負けないよという気持ちでやりたいなと思います」とライバル意識を燃やした。

 HKT48は昨年、紅白に初出場を果たした。兒玉は、今年の目標を尋ねられ、「紅白に出場したいという気持ちがあるのですが」と回答。「難しいと思うのですけれども、そこを目指して」と2年連続となる紅白出場に意欲を見せた。多田も「もうひと盛り上がり、HKT48としてできたら」と続け、紅白出場を視野に入れるため、グループをさらに盛り上げていきたいと語った。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top