NTT Com、成田国際空港初の「プリペイドSIM自動販売機」設置へ | RBB TODAY

NTT Com、成田国際空港初の「プリペイドSIM自動販売機」設置へ

ブロードバンド 回線・サービス

自動販売機外観
  • 自動販売機外観
  • 自動販売機による購入・開通手続きイメージ
  • 第1旅客ターミナル中央ビル本館1階
  • 第2旅客ターミナル本館1階
  • パッケージ(7日間タイプ)
  • パッケージ(14日間タイプ)
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は17日、成田国際空港では初となる「SIMカード自動販売機」の設置を発表した。訪日外国人に向け、7月24日よりSIMの販売を開始する。

 自販機は、成田国際空港 第1ターミナルおよび第2ターミナルの国際線到着ロビーに1台ずつ設置され、訪日旅行者・ビジネスパーソン向け期間型プリペイドSIM「Prepaid SIM for JAPAN」(7日間/14日間の2タイプ)の他、スマートフォンやモバイルルーター、アクセサリーなどを販売する予定。なお同タイプの自販機が「AQUA CITY ODAIBA」「関西国際空港」にはすでに設置されている。

 タッチパネル画面上で、英語および中国語による商品説明を確認しながら購入可能。SIMの開通手続きでは、パスポートスキャンによる本人確認情報の登録を行う。クレジットカード決済のため、両替の手間なく購入・利用が可能。クレジットカードは、VISA、Master、JCB、American Express、Diners Clubが利用できる。

 「Prepaid SIM for JAPAN」は100MB/日の利用容量で、利用期間での使い切りタイプのSIM。フリーWi-Fi接続アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」の利用方法もパッケージに同梱されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top