訪日外国人・旅行者ニュース | RBB TODAY

訪日外国人・旅行者に関するニュース一覧

50言語以上に対応した通訳デバイス「POCKETALK」がソースネクストから登場 画像
IT・デジタル

50言語以上に対応した通訳デバイス「POCKETALK」がソースネクストから登場

ソースネクストは23日、世界50言語以上に対応した通訳デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」を発表した。発売日は12月14日で、本体価格は24,800円から(税抜、以下同)。発表会にはイメージキャラクターの剛力彩芽さんらが登壇、製品に期待を寄せた。

トリップアドバイザーの活用で集客を確かなものにする!インバウンド・ジャパン 画像
ビジネス

トリップアドバイザーの活用で集客を確かなものにする!インバウンド・ジャパン

インバウンド市場の最前線が体感できるイベント「インバウンド・ジャパン2017」。今回は世界最大の旅行クチコミサイト「トリップアドバイザー」牧野友衛氏による「世界中の旅行者にアプローチするには?トリップアドバイザーの口コミ活用について」の要約をお届けする

バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは? 画像
ビジネス

バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

首都圏~京阪神を結ぶ夜行高速バスに、「完全個室」などの超豪華車両の登場が相次いでいることは以前ご紹介した。実は、都市間を結ぶ夜行高速バスのみならず、旅行会社が企画するバスツアー用の貸切バスの分野でも超豪華バスが続々と登場している

ロボットが警備と道案内!ゼンリンデータコムとALSOKが新サービス検討へ 画像
IT・デジタル

ロボットが警備と道案内!ゼンリンデータコムとALSOKが新サービス検討へ

 ゼンリンデータコムは、ALSOKが販売する案内・警備のコミュニケーションロボット「Reborg-X(リボーグエックス)」を活用した「ロボット案内ソリューション」の検討を開始した。

外国人観光客にも分かりやすい案内用ピクトグラム…経産省が変更案、「ヘルプマーク」も追加 画像
ビジネス

外国人観光客にも分かりやすい案内用ピクトグラム…経産省が変更案、「ヘルプマーク」も追加

経済産業省は、外国人観光客にも分かりやすい案内用図記号(ピクトグラム)とするため、7つの案内用図記号の変更と「ヘルプマーク」の追加について最終案を取りまとめた。

京急線全駅で災害時の緊急避難場所の案内図が4か国語対応に 画像
IT・デジタル

京急線全駅で災害時の緊急避難場所の案内図が4か国語対応に

 京浜急行電鉄(京急)は、災害時の緊急避難場所の案内図の4か国語(日・英・中・韓)表記への変更を、4日から11日にかけて京急線全72駅(泉岳寺駅を除く)において実施することを発表した。

無人鍵受け渡しシステムに遠隔コンシェルジュ機能が追加! 画像
IT・デジタル

無人鍵受け渡しシステムに遠隔コンシェルジュ機能が追加!

 KEY STATIONは7日、ホテル事業者や不動産業者向けの24時間無人の鍵受け渡しシステム「KEY STATION」に、遠隔コンシェルジュ機能を提供する「ウェルカムガイド」と、24時間旅行をサポートする「24時間コンシェルジュ」を提供開始したことを発表した。

外国人観光客が集まる街づくり!町田でセミナー開催 画像
ビジネス

外国人観光客が集まる街づくり!町田でセミナー開催

HANJO HANJOは東京の町田商工会議所で、セミナー「全国のインバウンド成功事例から学ぶ外国人観光客が集まる街の作り方」を開催。これまで記事で紹介してきた事例などから、インバウンド消費を取り込むための方法論について解説しました。

訪日クルーズ旅客人数、8割増の199万人を達成 2016年 画像
ビジネス

訪日クルーズ旅客人数、8割増の199万人を達成 2016年

国土交通省が発表した2016年(1~12月)の訪日クルーズ旅客数は、前年比78.5%増の199万2000人、クルーズ船の寄港回数が同38.8%増の2018回と、ともに過去最高を記録した。

6言語の自動翻訳でおもてなし強化!千葉市美術館で実証開始 画像
IT・デジタル

6言語の自動翻訳でおもてなし強化!千葉市美術館で実証開始

 モリサワは4日から千葉市美術館で行われている「おもてなしICT実証」に、インバウンド対応情報発信ツール「MCCatalog+」の技術を提供したことを発表した。

訪日外客数が過去最高に!11月は13.8%増の187万5000人 画像
ビジネス

訪日外客数が過去最高に!11月は13.8%増の187万5000人

日本政府観光局が発表した11月の訪日外客数は、前年同月比13.8%増の187万5000人と、11月として過去最高となった。

仕組みはシンプル!? 4か国語対応のメガホン型翻訳機を東京メトロが導入 画像
IT・デジタル

仕組みはシンプル!? 4か国語対応のメガホン型翻訳機を東京メトロが導入

 東京メトロは、メガホン型多言語音声翻訳サービス「メガホンヤク」を12月31日から浅草駅と明治神宮前(原宿)駅で導入することを発表した。

点字ブロックの進化版!? ICタグと連動して視覚障害者を音声案内 画像
IT・デジタル

点字ブロックの進化版!? ICタグと連動して視覚障害者を音声案内

 いわゆる「点字ブロック」(視覚障害者誘導用ブロック)は、視覚障害を持つ方々が外出する際になくてならない社会インフラの1つといえる。

緊急時に簡単操作で多言語放送できる翻訳放送システム 画像
IT・デジタル

緊急時に簡単操作で多言語放送できる翻訳放送システム

 高電社は多言語翻訳放送システム「J-SERVER Guidance(構内用)」を12月14日より発売することを発表した。

ロボットが外国人に観光案内!NTT西日本が大阪市で実証実験 画像
IT・デジタル

ロボットが外国人に観光案内!NTT西日本が大阪市で実証実験

 西日本電信電話(NTT西日本)、日本電信電話(NTT)、関西経済連合会(関経連)は、ロボットとデジタルサイネージを組み合わせた観光案内ソリューションの実証実験を30日から大阪市で開始すると発表した。

バリアフリーマップ実用性向上に! NTTの「バリアフリー情報収集技術MaPiece」 画像
IT・デジタル

バリアフリーマップ実用性向上に! NTTの「バリアフリー情報収集技術MaPiece」

 日本電信電話(NTT)は25日、地図上のバリアフリー情報を収集してわかりやすく表示する技術として、バリアフリーのルート選定に必要な情報を誰でも簡単に収集できる「バリアフリー情報収集技術MaPiece(まっぴーす)」と、立体地図表示を実現する

京急電鉄が緊急時の多言語対応強化!実証実験を実施 画像
IT・デジタル

京急電鉄が緊急時の多言語対応強化!実証実験を実施

 京浜急行電鉄(京急電鉄)は24日、緊急時にタブレットを用いた多言語でのアナウンスや、スマートフォン等への文字情報の送信を行う「おもてなしガイドアナウンス放送アプリ」の実証実験を28日より開始すると発表した。

「i-dio」の防災活用!京都駅前に多言語&緊急地震速報対応デジタルサイネージが設置 画像
IT・デジタル

「i-dio」の防災活用!京都駅前に多言語&緊急地震速報対応デジタルサイネージが設置

 V-Lowマルチメディア放送「i-dio」を推進するBICは21日、JR京都駅前に設置するデジタルサイネージ端末に、i-dioによる多言語での緊急地震速報を受信する機能を搭載したことを発表した。i-dioによる多言語防災サイネージは国内初の導入となる。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 最後
Page 1 of 13
page top