川崎フロンターレ、無料Wi-FiをJリーグで初提供 | RBB TODAY

川崎フロンターレ、無料Wi-FiをJリーグで初提供

 川崎フロンターレとNTTブロードバンドプラットフォームは1日、来場者向け無料Wi-Fiサービス「FRONTALE FREE Wi-Fi」を発表した。6月7日の川崎フロンターレvs.湘南ベルマーレ戦(等々力陸上競技場)より提供を開始する。無料Wi-Fiサービスの提供は、Jリーグ初となる。

エンタメ スポーツ
「FRONTALE FREE Wi-Fi」ロゴ
  • 「FRONTALE FREE Wi-Fi」ロゴ
  • メインスタンド常設FRONTALE_FREE_Wi-Fi提供エリア図
 川崎フロンターレとNTTブロードバンドプラットフォームは1日、来場者向け無料Wi-Fiサービス「FRONTALE FREE Wi-Fi」を発表した。6月7日の川崎フロンターレvs.湘南ベルマーレ戦(等々力陸上競技場)より提供を開始する。無料Wi-Fiサービスの提供は、Jリーグ初となる。

 「FRONTALE FREE Wi-Fi」では、3月に完成した等々力陸上競技場の新メインスタンドに、Wi-Fi用アンテナを常設。メインスタンド85%のエリアで無料Wi-Fiが利用できるという。今後は競技場内全エリアのWi-Fi化を目指す方針だ。無料Wi-Fiを利用することで、ネット接続が可能になるほか、スカパー!オンデマンドの「Jリーグオンデマンド」が無料で視聴できる。

 また6月7日湘南戦限定で、サイド・バックスタンドにも臨時アンテナを設置し、全エリアのWi-Fi化を試行する。限定コンテンツなどの配信も行われるという。詳細は、6/7湘南戦当日にチラシを配布。スタジアム内限定の「FRONTALE FREE Wi-Fi」ポータルサイトでも確認できる。またメインスタンド「場内総合案内所」、Gゾーン付近「場内チケット売場」に係員を配置する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top