矢口真里、デビュー17周年 「死ぬほど辛いこともあったけど…」 | RBB TODAY

矢口真里、デビュー17周年 「死ぬほど辛いこともあったけど…」

エンタメ ブログ

矢口真里
  • 矢口真里
  • 矢口真里
 タレントの矢口真里が、5月27日でデビュー17周年を迎え、「最高に楽しいことも、死ぬほど辛いこともあった」とこれまでの芸能人生を振り返った。

 同日ブログを更新した矢口は、「今日、2015年の5月27日で、デビューから17年!!ついに芸能生活が人生の半分をこえました」と報告。「私の場合、、、本当に色々あり過ぎて、最高に楽しいことも、死ぬほど辛いこともあったけど、全部まとめて、経験し成長できた17年でした」と振り返った。

 モーニング娘。の第2期メンバーとして1998年にデビューし、グループ内ユニットのタンポポやミニモニでも活躍。卒業後もタレントとして引っ張りだこの活躍を見せ、2011年5月には俳優の中村昌也と結婚するなど順風満帆に思われたが、2013年5月の不倫騒動で一転。タレントイメージは地に落ち、約1年5ヵ月間の芸能活動休止から、昨年10月にテレビ復帰を果たしたが、現在も批判の声は収まっていない。

 そうした紆余曲折を経て「昔より強くなったと思う。それだけで充分。意味のある人生にしていきたい」と思い至った矢口。「これからは、誰になんと言われようが、自分や周りの大切な人達のために、もっともっと頑張って、みんなで幸せを目指すんだ。受け止めることはあっても、振り返ることはない。人生は一度きり!!」と前向きな思いをつづった。
《花》

関連ニュース

特集

page top