スノボとセンサーが一体化&スマホとリアルタイム連携……「XON」第1弾年内発売 | RBB TODAY

スノボとセンサーが一体化&スマホとリアルタイム連携……「XON」第1弾年内発売

エンタープライズ モバイルBIZ

「XON SNOW-1」外観
  • 「XON SNOW-1」外観
  • アプリでの分析画面イメージ
  • ボードとセンサーが一体化
  • 測定結果を動画といっしょに確認することもできる
 Cerevoは5日、スマート・スポーツ用品のブランド「XON(エクスオン)」の第1弾として、スノーボード・バインディング「SNOW-1(スノウ ワン)」を開発したことを発表した。2015年内に発売される予定だ。

 「SNOW-1」は、Bluetooth4.0 LE通信モジュールと、3軸加速度センサーなど各種センサーを搭載したスノーボード・バインディング。荷重センサーを、左右それぞれの足元に4か所(計8か所)に搭載しており、スノーボーダーの荷重のかけ具合や重心位置を計測することが可能。装着中に計測したデータは、Bluetooth連携したスマートフォンにリアルタイムで転送される。測定したデータはスマートフォンで撮影した動画と合わせて表示することも可能。

 GPSの取得データを利用して滑走軌跡を確認することも可能。測定結果を動画と一緒に確認することで、自分の滑走をより客観的に確認できる。各種情報はスマートフォンでグラフィカルに表示できるため、初級者や中級者も画面を見るだけで自分の滑りを簡単に把握できる。

 前後2個所に曲げセンサーも搭載しており、スノーボードの部位別しなりを検知できる。これらのデータをリアルタイムに確認しながら練習することで、スノーボードのさまざまなテクニックを習得できるという。

 販売価格は400~600ドル程度の予定。「2015 International CES」において実機展示が行われる予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top