調査でわかった卒業旅行事情……100個のお題に応えて料金割引 | RBB TODAY

調査でわかった卒業旅行事情……100個のお題に応えて料金割引

エンタメ 調査

H.I.S.の調査によると、卒業旅行は国内派が37%、海外派が63%だったという(Photo:大野雅人)
  • H.I.S.の調査によると、卒業旅行は国内派が37%、海外派が63%だったという(Photo:大野雅人)
  • H.I.S.が実施した「大学生時代の卒業旅行に関する調査」の結果
  • H.I.S.が実施した「大学生時代の卒業旅行に関する調査」の結果
  • H.I.S.が実施した「大学生時代の卒業旅行に関する調査」の結果
  • H.I.S.が実施した「大学生時代の卒業旅行に関する調査」の結果
  • H.I.S.が実施した「大学生時代の卒業旅行に関する調査」の結果
  • H.I.S.の調査によると、卒業旅行の海外派の行き先のトップはイタリア。次にフランス、ハワイと続くという(Photo:大野雅人)
  • H.I.S.の調査によると、“卒業旅行”と“仲間の絆”の強い関係性が見られたという(Photo:大野雅人)
 学生旅行シーズンに合わせた限定企画「学生限定 100個割!」を展開するエイチ・アイ・エス(H.I.S.)は、同企画に連動したアンケート調査「大学生時代の卒業旅行に関する調査」を実施。大学生がこの時期に計画する卒業旅行の実態が明らかになった。

 この「大学時代の卒業旅行に関する調査」では、大学・大学院を卒業した20代の会社員769人にインターネット調査を実施。彼らの卒業旅行の経験について聞いたもの。

 まず、卒業旅行に行くか行かないか。「行った」という人は72%と7割以上で、そのなかでも、卒業後数年経っても9割以上で同行者と交友関係があることが分かり、“卒業旅行”と“仲間の絆”の強い関係性が見られたという。

 「卒業旅行で行きたかったところ」は、国内派が37%で、海外派が63%。卒業旅行の行き先には、理想と現実のギャップがあった。希望通りの行き先に行けなかった理由として、51%が「予算オーバー」をあげた。

 また、卒業旅行の海外派の行き先は、イタリア(30%)、フランス(29%)とヨーロッパの国が続き、3位にアメリカ(ハワイ)とスペインが22%で並ぶ結果となった。

 こうしたデータをふまえ、同社は「学生限定 100個割!」を展開。同企画は、与えられた100個のお題で指定された写真を撮影し、「instagram」に投稿すると割引が適用されるというもの。お題の難易度に応じて、500円割引から最大99%割引まで設定されている。

 例えば、名前に「旅」が入る人に料金の99%を割り引くという「旅の申し子割」や、教科書に載っている歴史上の人物と血が繋がっている人に、最大10,000円を割り引く「偉人割」。これらは割引率が高いお題として注目されている。

 同時にH.I.S.は、「学生限定 100個割!」と連動して「コラボ割」もスタート。キリン、GEO(ゲオ)、REBECCAMINKOFF、Oui, Ayano Ruban、HMVとコラボし、2015年3月19日までに「学生限定 100個割!」を予約した人に抽選で、各コラボ企業からのプレゼントがある。

 さらにH.I.S.は、卒業旅行を検討している学生向けに「出世払い」を提供。H.I.S.のクレジットカード「スカイウォーカーカード」で決済すると、最大7か月後まで支払いを延ばすことができる。支払い月までのカード手数料はH.I.S.が負担する。
《大野雅人》

関連ニュース

特集

page top