BBタワー、JAXAとの技術提携によるリアル3D地図生成サービス「GEO-SIM」開発 | RBB TODAY

BBタワー、JAXAとの技術提携によるリアル3D地図生成サービス「GEO-SIM」開発

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

高精彩な3D地図(見本画像、阿蘇山)
  • 高精彩な3D地図(見本画像、阿蘇山)
  • GEO-SIMサービス紹介サイト
 ブロードバンドタワーは17日、3D地図を生成するソフトウェア「GEO-SIM(ジオシム)」を開発したことを発表した。3D地図利用アプリケーションを開発する事業者向けに、地図画像をAPI経由で提供するWebサービス「GEO-SIM Web-APIサービス」を提供する。

 「GEO-SIM」は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)との技術提携およびリモート・センシング技術センター(RESTEC)からの衛星データの提供をもとに、独自の情報加工処理を行うことによって、雲の遮蔽もなく自然の色合いに近い、高精彩な3D地図を生成できる。衛星地図製品「だいち図」が基本サービスで利用できるため、だいち図の高精彩な衛星画像に、標高データを重ね合わせるだけで、リアルな3D地図を簡単に構成できるという。

 GEO-SIMが提供する地図画像は、API経由で利用でき、アプリケーション開発者は、衛星データに関する専門的な知識がなくとも、3D地図を利用したアプリケーションを簡単かつ低コストで実現可能。また自社開発のシステムにAPIを組み込むことによって、自社システムと地図機能を連動させることができる。

 利用料金は、月々20万円(税別)から。14日間の無料体験版も用意されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top