サイオステクノロジー、NTT研究所の社内システムにPostgres Plus Advanced Serverを導入 | RBB TODAY

サイオステクノロジー、NTT研究所の社内システムにPostgres Plus Advanced Serverを導入

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

サイオス「Postgres Plus」紹介ページ(画像)
  • サイオス「Postgres Plus」紹介ページ(画像)
 サイオステクノロジーは19日、NTT研究所の社内システムの一部に「Postgres Plus Advanced Server(PPAS)」を適用し、5月より稼働開始したことを発表した。従来UNIXで稼動していたシステムがLinuxへ移行したのに合わせてデータベースもPPASに移行したもの。

 NTTでは、ITシステムのコスト削減の課題を解決する手段としてオープンソースソフトウェアに着目し、積極的に活用するため「NTTオープンソースソフトウェアセンタ(OSSセンタ)」を設立するなど、グループ内企業へのOSSの導入を推進している。今回、NTT研究所の社内システムの一部を移行するにあたり、OSSセンタを中心に、2009年7月から複数の移行パターンを検証し、その中からPPASが選定され、2010年7月に本格的に開発をスタートしていた。

 PPASは、PostgreSQLをベースに、 Oracleとの互換機能を追加したソリューションとなっている。今回採用された理由としては、コミュニティ版のPostgreSQLと比較して、既存の商用データベース製品との互換性が高く、移行コストを低く抑えられることが評価されたとのこと。サイオスはOSSセンタの活動を2006年より技術面でサポートしており、その中でデータベース刷新にPPASを推進していくとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top