【トレンド】『モチもち女子』が増える?!……お正月以降 | RBB TODAY

【トレンド】『モチもち女子』が増える?!……お正月以降

エンタメ 調査

「20~30代女性の朝食事情」に関する意識・実態調査
  • 「20~30代女性の朝食事情」に関する意識・実態調査
  • 「20~30代女性の朝食事情」に関する意識・実態調査
  • 「20~30代女性の朝食事情」に関する意識・実態調査
  • 「20~30代女性の朝食事情」に関する意識・実態調査
  • 「20~30代女性の朝食事情」に関する意識・実態調査
  • 「20~30代女性の朝食事情」に関する意識・実態調査
  • 「20~30代女性の朝食事情」に関する意識・実態調査
  • 餅(サトウの福餅入り鏡餅 小飾り干支橙)
 鏡餅に松飾り……、お正月の準備を始める時期となった。20~30代女性の約7割が餅は体に良くないと認識するいっぽうで、お正月以外にも日常的に餅を食べる『モチもち女子』も増殖中しているという。

 佐藤食品工業は11月7日に鏡餅を初出荷する出発式を行なった。お正月は年間を通じて、多くの人が最も餅を食べることが多い時期だが、それに伴い「冬太り」を気にする女性が多くなる時期でもある。佐藤食品工業は、全国の20~30代女性412名を対象に、『女性の朝食事情に関する意識調査』を実施した。食事事情やダイエット事情に加え、餅に対する意識と実態を明らかにすることが目的だ。

 調査結果として、20代では約5割、30代では約7割が必ず朝食を食べることがわかった。また6割以上が「炭水化物抜きダイエット」の経験があるが、「イライラするようになった」などの悪影響もあった。餅については、7割が体に良くないと認識しているが、調査で、美容と健康のために餅を食べる『モチもち女子』が登場していることがわかった。

 まず「朝食は毎朝欠かさず食べていますか」という質問に対して、20代女性では約5割、30代女性では約7割が「毎朝欠かさずに食べる」と回答した。20代が「短時間で食べられること」「とりあえずなにか食べること」を重視するのに対して、30代では「腹もちのよさ」「健康に良いこと」を求める傾向がある。

 「これまでに挑戦したことのあるダイエットをすべてお選びください」という質問に対して6割以上の20~30代女性が「炭水化物抜きダイエット」と回答した。さらに、炭水化物抜きダイエット経験者の中で、「炭水化物を減らす・抜くことによる影響は何かありましたか」という質問に対して、悪い影響があったと回答したのは約7割あった。感じた影響の上位3項目は「イライラするようになった」「集中力がなくなった」「肌が荒れた」。この調査結果からは、炭水化物抜きダイエットは心と身体に負担が生じるダイエットだと言える。

 「お餅を食べることは美容と健康にいいと思いますか?」という質問に対して「全く思わない」「あまり思わない」と回答した20~30代女性は約7割になり、炭水化物である餅に対して健康的なイメージを持っている20~30代女性は少ない。

《高木啓》

関連ニュース

特集

page top