不倫肯定せず……「昼顔」最終回の結末に賛否真っ二つ | RBB TODAY

不倫肯定せず……「昼顔」最終回の結末に賛否真っ二つ

エンタメ 映画・ドラマ

上戸彩&斎藤工/木曜劇場「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」
  • 上戸彩&斎藤工/木曜劇場「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」
  • 上戸彩×吉瀬美智子/木曜劇場「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」
  • 上戸彩(主演)&一青窈(主題歌担当)/ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」
 上戸彩が不倫妻を演じて話題をさらったフジテレビ系連続ドラマ「昼顔」。25日に放送された最終回は16%を超える高視聴率を記録して幕を閉じたが、多くの関心を集めていたその結末については賛否が分かれた。

 上戸演じる紗和と斎藤工演じる北野との不倫の行方は?そして吉瀬美智子演じる利佳子と北村一輝演じる加藤を待ち構えている結末は……と、放送前から注目を集めていた最終回。芸能人でも同ドラマのファンは多く、タレントの筧美和子は放送前に「仕事終わった。はやく帰ってお風呂入って昼顔見るのだ!」とツイート。水沢アリーも「昼顔ドキドキ」と胸を躍らせていた。


(以下はネタバレ注意)
 ラスト前の第10回で逃避行した紗和と北野は、一緒になることを決意。しかし最終回では、2人の破局が描かれ、さらに紗和には夫との離婚という結末も用意されていた。

 この結末にネット上では賛否が真っ二つ。好意的な意見としては、

「ハッピーエンドは似合わない。切ないから悲しいからよいです」

「最後は別れの決断はお互いを思いやる不器用な二人の不器用な愛情表現だったと感じました。逆にリアリティがあって良かったです」

「不倫を夢見る主婦は消化不良で、悲しい愛を経験した人は納得の結末なのかな…」


 といった声があがったが、その一方で、


「正直がっかりです。北野先生が、逃避行の途中でわざわざ戻って離婚を願い出ているのに、義父に連れ戻されたらあっさり妻の要求に応じるなんて、結論ありきのこじつけのようにしか見えませんでした」

「ツッコミどころ満載のラストでしたね~…前回、別れてくれと両方に頭まで下げてサワちゃんのところに戻ったのに、連れ戻されたら『もう会いません』の切替え。サワちゃんを守るため?だったのかもしれないけど、だったらそれはそれでノリコに冷たくするとか、気持ちはお前にないぞアピールして欲しかったなー…」

「不倫の恋は結局終わる、不倫した人には罰がくだるっていうのを伝えたかったのは十分わかるし、最後に上戸彩と斎藤工が別れ、旦那とも別れっていうストーリーは理解できるが、あの終わらせかたはどうかなと思いました。あんな簡単に元サヤに戻るんだ~。うーん、だったら前回あんなに離婚してくれだのなんだの騒いでたのはなんだったんだろうなぁと」

 と、納得出来ないとする声も多かった。


 一方、芸能人ではタレントの保田圭は最終回を見て号泣したことをブログで明かし、その姿を自身の夫に笑われたとして「確かに号泣しすぎたけど…あの切なさわからないかなぁ…」とコメント。鈴木紗理奈も「ないちった」と、涙を流したことを明かした。

 賛否両論を巻き起こした同ドラマだが、タレントの千秋は「昼顔面白かった。リカコは娘もいるし家庭に戻って正解だけどさわちゃんと先生は夫婦だけだからなんとかなっても良かったけど民放テレビだから不倫肯定できないしだから続編期待だけどもうこれ以上面白い展開もないのか」と分析しつつ、「……って放送終了後一時間も経ってるのにまだ言わせるドラマ大成功」とコメント。HKT48の指原もすっかり同ドラマのとりこになっていたようで、放送終了後には「昼顔ロス。。」とツイートした。
《花》

関連ニュース

特集

page top