茂木健一郎氏の“棒読み演技”、尾木ママが擁護 「素人が俳優やるって本当に大変!」 | RBB TODAY

茂木健一郎氏の“棒読み演技”、尾木ママが擁護 「素人が俳優やるって本当に大変!」

エンタメ ブログ
 NHK連続テレビ小説「花子とアン」でドラマデビューを果たした脳科学者・茂木健一郎氏の“棒読み演技”が話題になっていることを受け、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏が26日、 「茂木先生は大変だったとお察し致します…」と自身のブログで擁護した。

 茂木氏は25日放送回で、吉高由里子演じるヒロインの花子が翻訳した「赤毛のアン」の出版に尽力する小鳩書房社長の門倉幸之介役として出演。しかし、そのぎこちない演技は、ドラマ放送直後の「あさイチ」でゲストの柳澤秀夫解説委員や有働由美子アナらに「コメントがちょっと棒読み」と茶化されてしまった。

 茂木氏の“棒読み演技”はネット上でも話題となり、自身もTwitterで、「みなさん、様々なご意見、ありがとうございます!!」とコメント。尾木氏は脳科学者でありながら俳優という新たなことに挑戦した茂木氏を称賛。自身もテレビドラマ等に出演して大学の理事長や評論家の役などを演じた経験があり、「素人が俳優やるって本当に大変です!!」とコメント。「だから 茂木先生は大変だったとお察し致します…」とその苦労をおもんばかるとともに、「でもチャレンジ 脳の活性化はかる茂木先生は本物の脳科学者ですね!」と称えた。
《花》

関連ニュース

特集

page top