イード・アワード2014「幼児教室」発表……顧客満足度No.1 | RBB TODAY

イード・アワード2014「幼児教室」発表……顧客満足度No.1

イードの教育情報サイト「リセマム」は、幼児教室の顧客満足度調査を実施し、「イード・アワード2014 幼児教室」を発表した。最優秀賞は、総合幼児教室が七田チャイルドアカデミー、リトミック教室と音楽教室がカワイ音楽教室だった。

エンタープライズ その他
イード・アワード2014「幼児教室」
  • イード・アワード2014「幼児教室」
  • イード・アワード2014「幼児教室」
  • 幼児教室を選んだ主な理由
 イードの教育情報サイト「リセマム」は、幼児教室の顧客満足度調査を実施し、「イード・アワード2014 幼児教室」を発表した。最優秀賞は、総合幼児教室が七田チャイルドアカデミー、リトミック教室と音楽教室がカワイ音楽教室だった。

 調査は、幼児教室に通っている未就学児の保護者を対象に実施。総合、リトミック教室、音楽教室について、「子どもの気に入り度合い」「講師」「面倒見」「効果」「授業プログラムの充実度」「料金」および「総合満足度」を5段階で評価してもらった。 調査は8月15~27日にウェブ上で実施し、1012票の有効回答を得た。

部門賞は、子どもが好きな幼児教室がドラキッズ、先生がよい幼児教室、面倒見がよい幼児教室、効果がある幼児教室、授業プログラムが充実している幼児教室の4部門が七田チャイルドアカデミー、コスパのよい幼児教室が学研教室となった。

 満足度と同時に実施した「幼児教室を選んだ主な理由」(単数回答)に関する調査では、「立地」が20%ともっとも多く、これに「体験教室・説明会に参加して」(15%)が続いた。「ブランド力」(12%)、「クチコミ」(11%)、「兄姉が通っている/通っていた」(11%)が1割を超え。その一方で、「子どもの希望」は4%と少数で、「授業料」を重視した保護者は1%だった。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top