「思い出の曲」、女性は“曲数”、男性は“思い入れ”……USEN調べ | RBB TODAY

「思い出の曲」、女性は“曲数”、男性は“思い入れ”……USEN調べ

 USENは19日、「思い出の音楽に関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は9月4日~8日で、「思い出の曲がある」という、全国の15歳~39歳の男女500名から有効回答を得た。

エンタメ 調査
思い出の曲は、何曲ありますか?N=500※単一回答
  • 思い出の曲は、何曲ありますか?N=500※単一回答
  • 思い出の曲とは、現在どのような接点がありますか?N=500※複数回答
  • 「スマホでUSEN」アプリ画面
  • 「スマホでUSEN」アプリ画面
  • 「スマホでUSEN」アプリ画面
 USENは19日、「思い出の音楽に関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は9月4日~8日で、「思い出の曲がある」という、全国の15歳~39歳の男女500名から有効回答を得た。

 まず全員に「思い出に残っている曲の数」について聞くと、「1曲」が36.3%と最多。続いて2位「5曲以上」35.0%、3位「2曲」17.2%と、少数派と多数派に分かれた。男女で見るとさらに違いが大きく、男性全体の1位は、「1曲」で41.2%、「5曲以上」が32.0%だが、女性全体では、「5曲以上」が38.0%と、「1曲」の31.2%を6.8%も上回った。特に20代で違いが大きく、20代男性は「1曲」が46.0%、「5曲以上」が23.0%、20代女性は「1曲」34.0%、「5曲以上」43.0%と、ほぼ正反対となっている。女性は“曲数”、男性は“思い入れ”と言えそうだ。

 次に「現在の、思い出の音楽との接点」について尋ねたところ、半数を上回る51.2%が「今でもよく聴く」と回答し、次いで「接点はない(もう聴いたり歌ったりしていない)」が26.4%、「カラオケで歌う」が25.4%で3位となった。世代別にみると、年代が高くなるにつれて「今でもよく聞く」という回答が減少する傾向が見られた。また「カラオケで歌う」は、男性は世代が高くなるにつれて減少するが、女性は、各世代で平均的に歌われていた。なお、唯一30代女性だけが、「接点はない」という回答が40.0%と、「今でもよく聞く」(37.0%)を上回っている。

 USENは、最新J-POPや懐かしの洋楽、JAZZやクラシック、トーク番組など、さまざまなチャンネルが700以上用意されている、月定額の音楽キュレーションアプリ「スマホでUSEN」を提供している。「スマホでUSEN」のチャンネルは新着やアーティストでの検索のほか、「年代・ブーム」「男・女別」といったカテゴリも用意されており、ユーザーそれぞれが思い出を呼び起こすきっかけにできるのではないだろうか。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top