「音声通話定額」に改めて注目、一番“使える”のはどのキャリア? | RBB TODAY

「音声通話定額」に改めて注目、一番“使える”のはどのキャリア?

エンタープライズ モバイルBIZ

イー・アクセス「だれとでも定額 for EM」(旧通話定額オプション)
  • イー・アクセス「だれとでも定額 for EM」(旧通話定額オプション)
  • イー・アクセス「だれとでも定額 for EM-S」
  • ウィルコム「だれとでも定額」
  • ソフトバンク「ホワイトプラン」
  • ソフトバンク「24時間通話定額オプション」
 LTEの高速データ通信ネットワーク上で音声通話を実現する技術「VoLTE」の実用化が近づいている。先月末、ソフトバンクモバイルは、「音声定額」と「パケット定額」をパックにしたスマホ向けプランを発表しているが、これもVoLTE時代を見据えてのものだ。

 こうした動きを背景に、いま改めて、「音声通話定額」に注目が集まっている。具体的に、現在「音声通話定額」を提供しているのは、イー・アクセス、ウィルコムの2社、4月から提供予定がソフトバンクモバイルとなる(法人向けおよび家族向けの定額通話制は除く)。今後VoLTEが一般的になれば、ドコモ、KDDIが参入してくる可能性も高いが、ここでは、イー・アクセス、ウィルコム、ソフトバンクモバイルの3社について、その内容を比較してみたい(50音順)。とくに、自社ユーザー同士は無料となることが多い「音声通話定額」だが、“他社ユーザーに電話をかけたとき”の料金についても確認する。

■各社のサービスをおさらい

 イー・アクセスが提供するのは、「だれとでも定額 for EM(旧通話定額オプション)」だ。このサービスは、月額オプション使用料1,334円(消費税抜き、以下同じ)で、イー・モバイルの携帯電話への通話およびSMS送信が無料となるものだ。他社携帯電話・PHS・固定電話(IP電話含む)への1回あたり10分以内の国内通話が月300回まで無料となる。301回目以降は18円/30秒、10分超過部分のみ18円/30秒というプランだ。さらに、4Gスマホに対応した「だれとでも定額 for EM-S」が2月27日より提供される。こちらは、月額オプション使用料1,334円で、 EMOBILE 4G-S以外のイー・モバイル携帯電話、他社携帯電話、PHS、固定電話への10分以内の国内通話が月300回まで無料となる。

 次にウィルコムが提供するのは、音声通話定額の代名詞とも言える「だれとでも定額」。月額オプション使用料934円で、ウィルコム同士では24時間無料。他社ケータイ、家・会社の電話へ、1回あたり10分以内の国内通話が無料になる。月500回を超過した場合は、10分以内の通話の場合でも、利用料金プランに応じた通話料が別途かかる。また1回あたり10分を超える通話についても同様だ。新ウィルコム定額プランSの場合で、20円/30秒が目安となる。

 そしてソフトバンクモバイルが4月から提供予定となるのが、Sパック(月額5,980円)、Mパック(月額6,980円)、Lパック(月額9,980円)の3プラン。国内音声通話が、Sパックなら月50回(1回3分以内)、MパックとLパックなら月1,000回(1回5分以内)まで利用できるというものだ。超過分の料金は30円/30秒と、やや割高になっている。

《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top