ソニー、テニスラケット装着型スマートデバイス「SSE-TN1」……ショットや回転を解析 | RBB TODAY

ソニー、テニスラケット装着型スマートデバイス「SSE-TN1」……ショットや回転を解析

IT・デジタル その他

テニスラケットのグリップエンド部に装着して使用するラケット装着型「Smart Tennis Sensor SSE-TN1」。映像との同期も可能
  • テニスラケットのグリップエンド部に装着して使用するラケット装着型「Smart Tennis Sensor SSE-TN1」。映像との同期も可能
  • 「Smart Tennis Sensor SSE-TN1」
  • 「Smart Tennis Sensor SSE-TN1」単体
  • 「Smart Tennis Sensor SSE-TN1」のアプリ画面。別撮りの映像と同期してショットを解析する
  • スイング速度、ボール速度、スイングの種類などを表示する
 ソニーは20日、テニスラケットに装着してショットを即時分析し、スマートフォンやタブレット上で表示するラケット装着型スマートデバイス「Smart Tennis Sensor SSE-TN1」を発表した。発売は5月下旬、価格はオープンで予想実売価格は18,000円前後。

 「Smart Tennis Sensor SSE-TN1」は、テニスラケットのグリップエンド部に装着して使用するラケット装着型のセンサー。専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットとBluetoothでワイヤレス接続させ、テニスショットを即時分析し表示する。スマートフォンを用いてプレイを撮影してもらえば、その映像をデータと同期させ、再生することも可能。

 分析・表示されるのは、ラケット上でボールを捉えた位置やボールの回転、速度、ショット数など。対応ラケットはYONEX社製の「VCORE Tour G」「VCORE Xi 98」「VCORE Xi 100」「EZONE Ai 98」「EZONE Ai 100」「EZONE Ai LITE」、対応機種は Android 4.1以降を搭載したカメラ搭載スマートフォン/タブレット、およびiOS 6.1以降を搭載したiPhone/iPad(iPhone 3GS除く)。

 本体サイズは直径31.3mm×高さ17.6mm、重量は8g。IPX5相当の防水、IP6X相当の防塵機能を装備しており、連続使用時間はBluetoothオン時で90分、オフ時で180分。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top