ASUS、CES 2014で発表した8インチWindowsタブレット「VivoTab Note 8」を日本で発売 | RBB TODAY

ASUS、CES 2014で発表した8インチWindowsタブレット「VivoTab Note 8」を日本で発売

IT・デジタル モバイル

CES 2014で発表したASUSの8インチWindowsタブレット「VivoTab Note 8」を日本で発売
  • CES 2014で発表したASUSの8インチWindowsタブレット「VivoTab Note 8」を日本で発売
  • デジタイザペン対応のWindowsタブレット「VivoTab Note 8」
  • Windowsタブレット「VivoTab Note 8」
 ASUSは24日、CES 2014で発表した8インチのWindows 8.1タブレット「VivoTab Note 8」を日本国内で発売した。価格は49,800円で、ビックカメラ、ヨドバシカメラでの限定販売となる。

 「VivoTab Note 8」は、デジタイザペン入力に対応したWindowsタブレットで、1月初旬に開催されたCES 2014で発表された最新モデル。グローバルモデルではストレージ32GBモデルと64GBモデルがラインナップされていたが、日本で発売になったのは64GBモデルのみとなる。米国市場では64GBモデルが349ドルだったが、Office Home and Business 2013が付属してこの価格となった。

 ディスプレイは8インチIPS液晶(1,280×800ピクセル)、OS はWindows 8.1 (32bit)、プロセッサはクアッドコアのAtom Z3740(1.33GHz)、メモリ2GB。タッチ操作に加えて、1000段階の筆圧検知のワコム製デジタイザペンに対応していることが特長。カメラは500万画素リアカメラ、HDフロントカメラで、GPS、電子コンパス、加速度/ジャイロ/環境光センサ、マイク、ステレオスピーカーなど装備する。ワイヤレスは802.11 a/b/g/n Wi-Fi、Bluetooth 4.0に対応する。

 本体サイズは幅220.9mm×高さ133.8mm×奥行10.95mm、重さ380g。バッテリー駆動時間は約11.8時間。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top