「こんな時に限って……」 快挙達成のAKB48岩佐美咲、体調不良での休演を謝罪 | RBB TODAY

「こんな時に限って……」 快挙達成のAKB48岩佐美咲、体調不良での休演を謝罪

エンタメ ブログ

AKB48岩佐美咲の3枚目シングル「鞆の浦慕情」
  • AKB48岩佐美咲の3枚目シングル「鞆の浦慕情」
  • AKB48初の演歌歌手としても活動する岩佐美咲
 10代の演歌歌手として27年7ヵ月ぶりにオリコン週間総合シングルランキング首位を獲得するなどの快挙を達成したAKB48・岩佐美咲が、14日に出演予定だったAKB48劇場公演を体調不良のため休演することを自身のGoogle+で謝罪した。

 岩佐がソロ演歌歌手として1年ぶりにリリースした3枚目のシングル「鞆の浦慕情」(1月8日発売)が、発売初週で1万2000枚を売り上げ、1月20日付オリコン週間総合シングルランキングで初登場首位を獲得。演歌ソロアーティストの首位は、2009年8月31日付の氷川きよし「ときめきのルンバ」(2009年8月発売)以来4年5ヵ月ぶりで、10代の演歌アーティストとしては、1986年6月23日付の城之内早苗(当時18歳)「あじさい橋」(1986年6月発売)以来27年7ヵ月ぶり。自身としてはこれまで、デビュー作「無人駅」(2012年12月発売)とセカンドシングル「もしも私が空に住んでいたら」(昨年1月発売)の5位が最高位で、首位は初となった。なお、AKB48からのソロによる首位は、前田敦子、板野友美、指原莉乃、渡辺麻友に続き5人目。

 また、トップ10入りは、デビュー作「無人駅」(2012年12月発売・最高位5位)、セカンドシングル「もしも私が空に住んでいたら」(昨年1月発売・最高位5位)に続き3作連続に。演歌・歌謡ソロアーティストによるデビューから3作連続トップ10入りは、1974年10月21日付に「理由」(1974年10月発売・最高位3位)で達成の中条きよし以来39年3ヵ月ぶり。女性演歌・歌謡アーティストでは、1973年2月19日付に「中学三年生」(1973年2月発売・最高位3位)で達成の森昌子以来40年11ヵ月ぶりと、記録尽くめとなった。

 岩佐はこの快挙について、14日に自身のGoogle+で「3rdシングル『鞆の浦慕情』がオリコンウィークリーチャートでなんと一位を頂きました…本当にありがとうございます!!」と感激。「もっともっとたくさんの方に聞いてもらえるように頑張ります」と意気込みをつづったが、胃腸炎による体調不良のため、同日出演予定だったAKB48劇場公演を休演することになり、「皆さんに一番感謝の気持ち伝えたい時なのにこんな時に限って胃腸炎になってしまいました…公演急に出れなくなってしまって申し訳ないです。一刻も早くなおします!」と報告している。
《花》

関連ニュース

特集

page top