元NMB48福本愛菜、芸人魂発揮もパンツ丸見えには“アイドル”がチラリ……「ヤバイ、見える!!」 | RBB TODAY

元NMB48福本愛菜、芸人魂発揮もパンツ丸見えには“アイドル”がチラリ……「ヤバイ、見える!!」

エンタメ その他

初単独ライブを行った福本愛菜(右)とゲストの宇都宮まき
  • 初単独ライブを行った福本愛菜(右)とゲストの宇都宮まき
  • イベントにはミサイルマン・西代洋(中央)もMCとして登場
 アイドルグループ・NMB48の元メンバーで吉本新喜劇研究生の福本愛菜が26日、大阪・道頓堀ZAZA HOUSEで自身初となる単独イベント「福本愛菜のミラクル★LIVE ~これから勉強させていただきます!」を開催。“ゴムパッチン”に挑戦するなど体を張ったパフォーマンスで会場を沸かせた。

 満員となった観客を前に、ゲストのお笑いタレント・宇都宮まきとともにトークやゲームコーナーを繰り広げた福本。ゲーム対決の罰ゲームとして受けたゴムパッチンでは、ゴムが当たった瞬間、パンツが丸見えになりそうなほどの華麗な“コケ”で芸人魂を発揮。その痛さは想像以上で衝撃的だったという福本だが、「私、綺麗にコケてませんでした!? 自然にコケることができたなって思いました」と自画自賛。宇都宮も、そんな福本を、「愛にゃんはめちゃくちゃ達者ですし、堂々としていて。“ゴムパッチン”でも、(まだ放さなくていいタイミングで)何回もゴムを放すというベタなこともできて、すごいなと思いました。ほんまに器用やなと思いましたし、吸収が早くてお笑いのセンスもすごいなと思いました」と称賛した。

 アイドル時代とは異なる一面を見せたこの日の福本だが、とはいえ、ゴムパッチンの衝撃で倒れる際には、めくれるスカートを気にして手で押さえる場面も。「今日はとっさに“ヤバイ、見える!!”って思って自然に手が動きました。まだ、ちょっとはアイドルのところがあったみたいです」と振り返ったが、宇都宮は「きっと男性も隠した方がそそられると思うんです。だから、そこは今までどおり。アイドルのいい部分を残しつつ、面白い部分を伸ばしていくという今の形がいいなと思います」とフォローした。

 初の単独ライブを終えて、「こういうものがやりたかったです。今まではアイドルということで、自分の中でセーブしちゃうというか…。考え方も以前に比べると自由になったので、自分のやりたいことができてます」と語った福本。今後どのような“芸人”に成長するのか――。
《花》

関連ニュース

特集

page top