Yahoo!JAPAN「2013検索ワードランキング」、強かったのは「Googleマップ」「パズドラ」「壇蜜」 | RBB TODAY

Yahoo!JAPAN「2013検索ワードランキング」、強かったのは「Googleマップ」「パズドラ」「壇蜜」

ブロードバンド その他

「2013検索ワードランキング」トップページ
  • 「2013検索ワードランキング」トップページ
  • 総合ランキング
  • 画像検索ランキング/動画検索ランキング
  • 人名ランキング
  • スポーツ選手ランキング
  • テレビ番組ランキング/アニメ・ゲームランキング
  • 映画ランキング
 ヤフーは11月25日、この1年を通して「Yahoo!検索」で検索されたキーワードをランキング形式で紹介する「2013検索ワードランキング」を発表、特設ページを公開した。集計期間は2013年1月1日~2013年10月31日となっている。

 「総合ランキング」「人名ランキング」の他、画像、動画の検索ランキングなどのほか、「注目のキーワードランキング」「ご当地キャラ」の検索ランキングもコラムとして掲載されている。

 「総合ランキング」では、「YouTube」が6年連続の1位。昨年3位の「Amazon」が、「Facebook」を抜き、2位にランクイン。逆に「Facebook」が3位にランクダウンとなった。4位「楽天」、5位「Google」も、昨年と変わらずトップ5入りを果たしている。

 そのほか上位では、自然災害などが多かった1年を象徴するかのように、14位から8位に「Googleマップ」が大きく順位をあげている。また、ウェブサイトや企業が並ぶ中、13位にスマートフォンゲーム「パズル&ドラゴンズ」、30位に話題のマンガ作品「進撃の巨人」がランクインした。

 入れ替わりが激しいのが「画像検索ランキング」だが、今年のトップ3は、「壇蜜」「進撃の巨人」「能年玲奈」と、すべて初登場。そのほかでもトップ20のうち、15項目が初登場となっており、昨年の流行人物・映像作品が伺える。動画検索でも「進撃の巨人」が初登場1位となり、昨年1位の「AKB48」、昨年2位の「嵐」を抜いてトップに躍り出た。

 「男性ランキング」では、男性1位「嵐」は昨年のポジションを維持したが、昨年10位だった「ゴールデンボンバー」が2位に大躍進した。27位には、「ゴールデンボンバー」のメンバーで、ブログが人気の「樽美酒研二」がランクインしている。また「女性ランキング」も、女性1位「AKB48」は昨年同様だったが、2位に、“2013年の顔”ともいえる「壇蜜」が初登場した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top