NTT、世界最高レベルの動画圧縮エンジンを開発……「H.265/HEVC」に準拠、4K活用などに期待 | RBB TODAY

NTT、世界最高レベルの動画圧縮エンジンを開発……「H.265/HEVC」に準拠、4K活用などに期待

エンタープライズ その他

HEVCを使うメリット
  • HEVCを使うメリット
  • 高圧縮技術「局所QP変動処理」
  • レート制御技術
  • 高速ブロックサイズおよびモード判定技術
  • 「HEVC-1000 SDK」仕様
 日本電信電話(NTT)は、最新の映像符号化に関する国際標準規格「H.265/HEVC」Main/Main10 Profileに準拠した、世界最高レベルの動画圧縮性能を持つ圧縮ソフトウェア(エンコードエンジン)を開発したことを発表した。

 「H.265/HEVC」は、従来の動画圧縮規格「H.264/AVC」の2倍の性能を持つとされている。しかし、圧縮能力が高い代わりに演算処理の負荷が高いために莫大な処理時間がかかっており、実用的なレベルのエンコードエンジンの開発に至っていなかった。

 NTTでは、新技術「局所QP変動処理」を独自開発し、最大約2.5倍の世界最高レベルの圧縮性能を実現した。これにより、同等画質であれば、従来(H.264)よりも、動画のデータ量を最大で60%削減可能となる。また、IPTVなどで高画質な映像を安定して配信する独自の制御技術を組み合わせるとともに、独自の高速圧縮技術によりフルHDの映像をコンテンツ再生時間の5倍程度の時間で圧縮可能とした。高精細映像「4K」「8K」向けのMain 10 Profileにも対応した。これらにより、LTEでの高画質映像の配信、IPTV等での4K映像配信の発展が期待されている。

 なお、NTTアドバンステクノロジは、本技術をNTTより取得し、「RealFeel」(リアフィール)シリーズのHEVCソフトウェアコーデック開発キット「HEVC-1000 SDK」として8日より、国内外にて販売を開始した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top