NTT、60P/120Pの同時伝送に対応するHEVCエンコードエンジンを世界初開発 | RBB TODAY

NTT、60P/120Pの同時伝送に対応するHEVCエンコードエンジンを世界初開発

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「時間方向階層符号化」に対応
  • 「時間方向階層符号化」に対応
  • 新たに「VBR制御方式」を開発
 日本電信電話(NTT)は、秒間60フレームの映像と、秒間120フレームの超高精細な映像を同時に伝送可能な、H.265/HEVC(HEVC)準拠のソフトウェアエンコードエンジンを世界に先駆けて開発したことを発表した。

 秒間60フレームの映像は、現在4K配信で利用されているが、今後秒間120フレームの4K/8K映像の配信が検討されている。

 新ソフトウェアエンコードエンジンでは、ARIB(電波産業協会)により規定された「時間方向階層符号化」に、世界に先駆けて対応。新エンジンを使ってエンコードすれば、将来的に秒間120フレームの映像配信が開始しても、現行テレビでの視聴も可能となる(秒間60フレームの映像として視聴可能)。また新エンジンでは、可変ビットレート(VBR)に対応した符号量制御技術も導入しており、従来と同等画質で約40%のデータ量削減も実現しているという。

 本技術は、NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)が取得し、同社のソフトウェアコーデック開発キット「HEVC-1000 SDK」、ファイルコンバートソフトウェア「RealFeel(リアフィール)FileConvert 4K」をバージョンアップし販売するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top