OKI、IPネットワーク上でSIP連携できるIPテレフォニーサーバとIP&モバイルビジネスホン | RBB TODAY

OKI、IPネットワーク上でSIP連携できるIPテレフォニーサーバとIP&モバイルビジネスホン

エンタープライズ その他

「SS9100」と「IPstageシリーズ」のSIP連携イメージ
  • 「SS9100」と「IPstageシリーズ」のSIP連携イメージ
  • MKT/IP-30DKWHFWL
 沖電気工業は23日、「IPstageシリーズ」として、大規模オフィス向けIPテレフォニーサーバ「IP CONVERGENCE Server SS9100リリース8」、中小規模向けIP-PBX「IPstage EX300 リリース5」、およびIP&モバイルビジネスホン「IPstage MX/SXリリース5」を発売した。

 IP CONVERGENCE Server SS9100リリース8とIPstageシリーズは、IPネットワーク上でSIP連携できるのが特徴。また、IPネットワークでの接続により、同社の高音質IP電話技術「eおと」が全拠点で利用可能となる。このほか、IP公衆電話網接続サーバ「VC-D01」と「VC-D01S」を導入することにより、従来から収容可能だったNTTコミュニケーションズの「.Phone IP Centrex」、NTT東西の「ひかり電話」にくわえ、KDDIの「KDDI光ダイレクト」に接続できるようになった。また、ソフトバンクの無線LAN対応Windowsケータイ「X01T」に同社の「Com@WILLソフトフォンポケット」を搭載することにより、企業内ではIP内線電話端末として利用可能とした。

 さらに、IP CONVERGENCE Server SS9100リリース8とIPstageシリーズで共通で利用できる新型のIP多機能電話機3種類もリリースされた。

 価格は、「SS9100リリース8」1,000ユーザモデルが4,500万円から、「SS9100 Type Mリリース8」200ユーザモデルが810万円から、「IPstage EX300リリース5」100内線モデルが620万円から、「IPstage MXリリース5」50内線モデルが270万円から、「IPstage SXリリース5」10内線モデルが70万円から、IP多機能電話機「MKT/IP-30DKWHF-V2」が5万3,000円、IP多機能電話機「MKT/IP-10DSW-V2」が3万9,800円、IP多機能電話機「MKT/IP-30DKWHFWL」が9万8,000円(いずれも税別)。

 同社では、今後3年間で「SS9100/SS9100 Type M」各モデルを合計1,000セット、「IPstageシリーズ」を国内・海外含めて各モデル合計10万セットの販売を目標としている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top