実写版「黒執事」、“主人役”は剛力彩芽……ネットでも話題 | RBB TODAY

実写版「黒執事」、“主人役”は剛力彩芽……ネットでも話題

エンタメ 映画・ドラマ

剛力彩芽が演じる幻蜂汐璃役は、原作のシエル・ファントムハイヴをベースにしたオリジナルキャラクター
  • 剛力彩芽が演じる幻蜂汐璃役は、原作のシエル・ファントムハイヴをベースにしたオリジナルキャラクター
  • 映画版「黒執事」公式HPも開設された
 2014年新春公開予定の大人気コミックを実写映画化する『黒執事』。水嶋ヒロ演じる完璧な執事と契約を交わした“主人”役が剛力彩芽に決定した。

 原作は月刊「Gファンタジー」(スクウェア・エニックス刊)で、2006年から連載中の枢やなの代表作。現在で16巻まで刊行されており、累計発行部数が1,500万部突破(海外分を含む)の大人気コミック。2008~2010年までテレビアニメで放送され、今回の映画は実写版となる。

 剛力彩芽が演じるのは、男装の少女、幻蜂汐璃役。イギリス名門貴族ファントムハイヴ家の末裔で、巨大企業ファントム社を経営。原作のシエル・ファントムハイヴをベースにしたオリジナルキャラクターだという。

 剛力の配役について、原作者の枢やな氏は「個人的に非常に萌えます!」、大谷健太郎監督は「汐璃役は彼女以外にあり得ないと確信しました」と肯定的なコメントが並ぶなか、剛力は「原作と内容が違う分、たくさんの意見があるかもしれませんが、実写化することでより人間の感情というモノを出していけたらと思います」とコメント。

 剛力が「たくさんの意見があるかもしれませんが」と言うように、剛力の配役が決まった報道を受けてTwitterなどネットではさまざまな意見が飛び交うことに。とくに原作ファンからは、別キャラクターだとしてもイメージが違うとの声も多く挙がった。先日放送が終了したフジテレビのドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」でも、剛力の演じるキャラクターのイメージが違うとの評が目立った。今作では原作ファンを魅了する作品に仕上げられるか、来年の公開に向けて、いよいよ4月からクランクインする。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top