NTT、“世界最速”のグラフデータ分析処理技術を開発……1億人以上の人間関係を3分で分析 | RBB TODAY

NTT、“世界最速”のグラフデータ分析処理技術を開発……1億人以上の人間関係を3分で分析

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

クラスタ分析技術のポイント
  • クラスタ分析技術のポイント
  • パーソナライズドページランク技術のポイント
 日本電信電話(NTT)は13日、ビッグデータ分析の新たな潮流である「グラフデータ」の分析処理について、従来技術を数十倍以上高速化する、“世界最高速の分析技術”を開発したと発表した。

 「グラフデータ」とは、人・物・場所といった多様な情報のつながり(ウェブ上あるいは実世界のどの場所で利用者が何を参照したか、等)を表現可能なデータ構造。点(ノード)と点の関係を表すリンクから構成される。

 NTTの技術では、日本の人口規模(約1億2750万人)のソーシャルグラフ(人間関係のグラフデータ)を、わずか3分で分析可能になるという。従来技術では数時間を要する。ちなみに、世界最大規模の10億ノードのグラフデータでも、1時間程度で分析可能とのこと。

 分析しながら計算順序を自動最適化し不要な処理を削減する「クラスタ分析技術」、グラフデータのノードを最適に並び替えて行列分解することでデータをコンパクト化する「パーソナライズドページランク技術」を用いて、従来技術の数十倍以上の高速化を達成した。

 今後は技術向上とともに、新たなソーシャルコミュニケーション支援への応用、商品レコメンデーション、医療・公共・社会科学分野への適用を進めていく。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top