富士通、業務監視・分析ソフト最新版「Interstage Business Process Manager Analytics V12」発売 | RBB TODAY

富士通、業務監視・分析ソフト最新版「Interstage Business Process Manager Analytics V12」発売

 富士通は15日、業務プロセスを流れ図として自動作成し、業務改善につなげるための監視・分析ソフトウェアの最新版「Interstage Business Process Manager Analytics V12」の販売をグローバルで開始した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
流れ図の例
  • 流れ図の例
  • 業務の分析例
  • 標準価格、出荷時期、動作環境
 富士通は15日、業務プロセスを流れ図として自動作成し、業務改善につなげるための監視・分析ソフトウェアの最新版「Interstage Business Process Manager Analytics V12」の販売をグローバルで開始した。

 「Interstage Business Process Manager Analytics V12」は、既存のシステムに手を入れずに、業務システムのログを用いて、業務の流れ図を自動作成する独自技術「ビジネスプロセスディスカバリー」を実装した製品。現場への実態調査なしに、業務プロセスをシステムのログやデータに基づき自動的に流れ図を作成でき、正確に見える化できるのが特徴。業務が複数のシステムにまたがり、システム間に人間が介在する場合でも、各業務システムのログやデータを関連づけて表現できる。流れ図では、ログに基づいて典型プロセス(=メインルート)と判断されたルートが太線で表示される他、各ルートの実行回数や平均処理時間が表示される。

 さらに作成した流れ図から、マウス操作で簡単に処理時間や処理ルートなどを分析できる。マウスによるスライダー操作や、分析メニューのチェックだけで、プロセスを絞り込むことができ、また、処理の頻度や、内容による処理時間の平均、バラツキ、処理ルートごとにかかる工数の計算など、さまざまな観点での分析が可能。こうした分析を元に得られた業務プロセスの問題個所を、継続的に監視し、改善効果を定量的に把握できる見込みだ。

 「ビジネスプロセスディスカバリー」は、富士通のフィールド・イノベータならびに関連会社による業務改善のコンサルティングサービスや、欧州やFujitsu America Inc.による「Automated Process Discoveryサービス」でのツールとして利用され、グローバル70社以上の現場で実践されているという。

 標準価格は(プロセッサライセンス)300万円より(税別)。2012年1月26日より出荷を開始する。動作OSは、Microsoft Windows Server 2008、Microsoft Windows Server 2003、Red Hat Enterprise Linux 6、Red Hat Enterprise Linux 5。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top