国内携帯電話市場、フィーチャーフォンの出荷が半減……スマートフォンが牽引 | RBB TODAY

国内携帯電話市場、フィーチャーフォンの出荷が半減……スマートフォンが牽引

エンタープライズ モバイルBIZ

国内ハンドセット(フィーチャーフォン+スマートフォン)出荷台数実績・予測
  • 国内ハンドセット(フィーチャーフォン+スマートフォン)出荷台数実績・予測
  • 国内タブレット出荷台数実績・予測
 矢野経済研究所は1日、携帯電話国内市場に関する調査結果を公表した。調査期間は2012年9月~12月で、国内携帯電話メーカー、海外携帯電話メーカー(日本法人)、国内移動体通信サービス事業者、国内携帯電話メーカー、国内部品メーカー、業界団体等にアンケートを行った。

 それによると、2012年度の国内ハンドセット(フィーチャーフォンおよびスマートフォンの合計)出荷台数は、前年度比1.9%増の3,947万台。フィーチャーフォン(従来の携帯電話)が前年度比57.4%減の638万台に対し、スマートフォンは前年度比39.2%増の3,309万台の予測となっている。2012年度は、フィーチャーフォンとスマートフォンの複数所有がメインと見られるが、2013年度以降は既存ユーザーの代替需要に移行すると予測された。

 ただし複数の端末を所有し、各々の用途に合わせて使い分けるユーザーの増加も見込まれるため、LTEやテザリング対応のフィーチャーフォン、テンキーを搭載したフィーチャーフォン型スマートフォン、スマートフォンやタブレットと連携する周辺機器なども登場する見込みだ。

 2012年度の国内タブレット出荷台数は、前年度比60.2%増の422万台と大幅に拡大。この調査では、タブレットをディスプレイサイズ6インチ以上、スマートフォンを6インチ未満と定義しており、機能面における際立った差異は少ないが、一般ユーザーのスマートフォンへの高い関心を背景に、今後は、より大きなディスプレイを搭載するタブレットへの関心も高まると推測されている。

 また販売活動や業務用文書の閲覧など、法人ユーザーの拡大も見込まれることから、国内タブレット市場は2013年度560万台、2015年度には約700万台と拡大基調が予測された。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top